「iPhone8」のデザインは「iPhone4」より「iPhone7」よりに!

先日より、次期「iPhone8」のモックアップがリークしていましたが、今回新たなモックアップ画像がリークしていました。おおまかなデザインは確定していますが、一部デザインに関しては、情報が錯綜している面もあるのでまとめたいと思います。先日の情報は、「より精巧な「iPhone8」のモックアップが公開に!新色「ホワイト」の追加か!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

新たなモックアップが公開に!

 

最近リークしているモックアップのカラーに関しては基本「ブラック」モデルのみしか確認されていませんが、先日の情報では、「iPhone8」専用の強化フィルムのカラーから、最低でも5色展開になるのではないかと予測されています。詳細は、「次期「iPhone8」はついに「ジェットホワイト」を追加!?5色展開の可能性が!?」をご参照下さい。

さて今回、9To5Macによると、新たな次期「iPhone8」のモックアップ画像が公開されたことを報告しています。上記の画像が今回公開されたモックアップになります。事前情報通り、背面は「ガラス」が採用されていることが確認でき、さらに「デュアルレンズカメラ」が搭載されていることが確認できます。

ただ、今回の画像では確認しずらいのは「サイドフレーム」です。一部情報ではサイドフレームが「アルミ」になるとされています。詳細は、「新型iPhone8は人気を博したiPhone4のデザインを踏襲か!?」をご参照下さい。事前情報では、サイドフレームに「アルミ」を採用した場合、その「サイドフレーム」が本体カラーと同様のカラーになっているかは判然としません。

表面に関しては、「ベゼルレスデザイン」の採用や、「顔認証」機能に対応したセンサーなどを確認することができます。また、新型「Touch ID」が背面・表面に確認することができないため、やはり液晶に統合されていると考えられます。詳細は「次期「iPhone8」の新型「Touch ID」は液晶に統合で確定か!?」をご参照下さい。

サイドフレームに「アルミ」、バックパネルに「ガラス」が採用されることから、「iPhone4」のようなデザインになると予測されていましたが、ここ最近のモックアップを確認する限りは「iPhone7」とにたようなデザインを採用している印象を受けます。新機能の搭載や「ベゼルレスデザイン」の採用など、大きく変わる「iPhone8」ですが、ぱっとみの印象は「iPhone7」と変わらないかもしれません。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧