• HOME
  • ブログ
  • Mac
  • 2017年新型「iMac 27インチ」モデルのGPUが最大80%向上していることが判明!

2017年新型「iMac 27インチ」モデルのGPUが最大80%向上していることが判明!

先日のWWDCで、新製品である「iMac Pro」とは別に「iMac」シリーズもすべてアップデートが敢行されました。さて今回そのうちアップデートが行われた「iMac27インチ」モデルのベンチマークが公開されたのでまとめたいと思います。「iMac Pro」の詳細については、「「iMac Pro」のフルカスタマイズの価格は190万円に!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

GPUが最大80%以上高速化される!

 

先日開催されたWWDCでは、「iMac」シリーズだけではなく「MacBook」シリーズも最新プロセッサーにアップデートが行われています。詳細は、新型「MacBook」シリーズが発表!「MacBook Air」は発表されず!」をご参照下さい。さて今回、MacRumorsによると、新型「iMac 27インチ」モデルのベンチマークスコアが公開されており、GPUが前モデルと比較して最大80%以上高速化していることが判明したことを報告しています。

一方で、CPUに関しても「Kaby Lake」にアップデートしたことにより、マルチコア性能で最大「15%」高速化していることも判明したとしています。今回発表された新型「iMac」シリーズはもちろん、新型「MacBook」シリーズもCPU機能が確実に進化し、GPUがかなり大幅に強化されたとしており、その発言通り、ベンチマークに結果として出たことになります。

何より以前よりAppleはARに特に力を入れており、今回発表された新型「iMac」シリーズでは正式に「VR」に対応することが発表されました。逆に言えば、GPUの強化は必然になるとも言えます。ただ、やはり本格的にVRやARの編集・作成を行いたい場合は、今年の12月に発売が予定されている「iMac Pro」や、早くても来年以降に次期モデルの発表が予測されている「Mac Pro」が必要になってくるとも言えます。

今年の9月に発表が予測されている次期「iPhone8」においても「AR」機能を搭載すると言われており、そのために「垂直型」の「デュアルレンズカメラ」が搭載されるとも言われております。今年は、Appleにとって「AR」分野に大きな一歩を踏み出す年になると考えられ、まずその先陣をきるのが今回ベンチマークが判明した「iMac」シリーズや「MacBook」シリーズになると考えられます。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧