• HOME
  • ブログ
  • iPhone8
  • まさかの次期「iPhone8」に搭載される新型「Touch ID」は技術的に未解決な問題を!?

まさかの次期「iPhone8」に搭載される新型「Touch ID」は技術的に未解決な問題を!?

先日の情報では、しばらく情報が錯綜していた「iPhone8」の新型「Touch ID」の搭載場所が「液晶」に統合すると確定したとされています。しかしながら今回、この新型「Touch ID」は依然として技術的に未解決な問題を抱えていることが判明したのでまとめたいと思います。先日の新型「Touch ID」の搭載場所については「次期「iPhone8」の新型「Touch ID」は液晶に統合で確定か!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

新型「Touch ID」に依然問題が!?

 

先日の情報では、Appleにとって強力なライバルである「SAMSUNG」の次期フラッグシップモデルである「Galaxy Note8」は指紋認証統合型の「液晶」の搭載を見送るとしており、かなり液晶に「指紋認証」を統合することは難しいとみられています。今回AppleInsiderによると、次期「iPhone8」に搭載される新型「Touch ID」をどのような技術を利用して、「液晶」の統合するか判断しかねている状態にあるとしています。今回の情報によれば、この「新型Touch ID」を液晶に統合する技術として以下の3つの方式で判断しかねているとしています。

 

  • 「Touch ID」を搭載する場所のカバーガラスフィルムを搭載する。
  • 新型「Touch ID」の指紋認証方式を「光学式」及び「超音波」方式を採用する。
  • 新しい「フィルム型センサー」と搭載し、指紋認証方式を「静電容量式」又は「赤外線式」に変更するとしています。

今回の情報によれば、少なくとも上記の3つの方式のどれを採用したとしても、「iPhone8」の発売時期は最大で2ヶ月程度ずれるとしています。また、以前の情報より、強化型の「3Dタッチ」を搭載されるために新しいフィルムセンサーを搭載するとされていました。詳細は、「次期「iPhone8」の3Dタッチ液晶は60%以上のコスト増加か!?をご参照下さい。この結果、大幅に原価コストが上昇し、「iPhone8」本体のコストも大幅に増加するとみられています。

先日の情報では、サプライヤーの出荷スケジュールから「iPhone8」の発売日は「次期「iPhone8」の発売日はやはり10月!?サプライヤーより新たな情報がリーク!」をご参照下さい。この情報からも、次期「iPhone8」は例年通り「9月」に発表されても、実際の発売日は、早くても「10月以降」、遅いと「11月」程度までずれこむと予測されています。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧