「Xperia X」と「Xperia X compact」に「Android7.1.1」を配信開始!

先日より国内でも発売を開始して「Xperia XZ premium」などは「Android7.1.1」を初期搭載していますが、今回Xperiaシリーズで新たに「Android7.1.1」のアップデート対象機種が拡大されたのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

「Xperia X」などに「Android7.1.1」の配信開始!

 

先日開催されたSONYの説明会では、今後「Xperia X」や「Xperia X compact」などの中価格帯の端末の開発を中止すると発表しています。詳細は、「SONYが「Xperia XZ1」シリーズの発表を示唆!?「Xperia X」と「Xperia X compact」の廃止も!」をご参照下さい。さて、今回Xperia Blogによると、「Xperia X」と「Xperia X compact」に「Android7.1.1」が配信されたことを報告しています。

今回のファームウェア番号は「34.3.A.0.194」になっています。ただ残念ながら「グローバルモデル」のアップデートになり国内版、日本では「Xperia X」は発売されておらず「Xperia X concept」に関しては対象外となっており、配信がいつになるかは現時点では判明していません。ただ、「Xperia X」に関しては、「Concept For Xperia」の対象機種であったため、ユーザーによっては最新の「Android7.1.2」にアップデートしていいたことも考えられます。

両機種とも「snapdragon600番台」を搭載しており、少なくとも性能的に悪くはありませんが、スペックの割には割高な価格設定で中途半端な感じが否めません。だからこそ、特に「グローバル」市場においてはその人気のなさが顕著に数字として出ており、廃止の方向に向かったと考えられます。

一方で、「Xperia」シリーズや競合他社のスマートフォンと比較しても「Xperia X compact」はめずらしいコンパクトモデルであり、根強い人気を誇っています。現に、次期IFAで「Xperia XZ1 compact」が発表されると予測されています。詳細は、「Xperia XZ1 compact」の存在も確定か!?ミドルレンジクラスのビルド番号が新たに判明!」をご参照下さい。

このことからも、「Xperia X compact」が「Xperia XZ1 compact」が登場するまでの唯一のコンパクトモデルになっています。ただ発売が開始されたのは昨年末ということもあり価格も下がってきています。今が買い時かもしれませんね。詳細は「今が買い時!?「Xperia X compact」の価格を調べてみた!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧