MWC2018で発表!?「Xperia XA2 Ultra」のスペックがリーク!?

今年の2月に開催されたMWC2017で発表された4つの新型Xperiaのすべての機種がようやく発売を開始しています。話題は次期IFAに発表が予測されている「Xperia XZ1」シリーズにうつりつつありますが、今回早くも来年開催されるMWC2018で発表が予測される新型Xperiaについての情報が入ったのでまとめたいと思います。「Xperia XZ1」についての詳細は、「次期IFAで新型Xperiaは3モデル発表か!?より「Xperia XZ Ultra」の登場に期待!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

「Xperia XA2 Ultra」のスペックがリーク!?

 

先日の情報では、SONYのサプライヤーでもあるジャパンディスプレイが、アスペクト比「18:9」の新型液晶の量産を開始したとされています。詳細は、「「Xperia XZ1」の液晶サイズは「6.0インチ」!?JDIが量産開始!」をご参照下さい。このことからも、次期Xperiaのアスペクト比が「18:9」になる可能性が高いともみられています。一方で今回、海外の投稿フォーラムであるESATOに、次期「Xperia XA2 Ultra」のアスペクト比についての投稿が判明しました。

 

Maybe Sony decides to do XA2 Ultra 21:9.
But 18:9 not really.
Sony does not want black bars when people use Remote Play.
Having it 2:1 would be up to Game Division. Games are made for being played on tv, no tv is 2:1.

 

今回の投稿によれば、「Xperia XA2 Ultra」のアスペクト比は「21:9」になるとしています。SONYがXperiaのアスペクト比を今主流である「18:9」ではなく、「21:9」を採用する理由の一つとしては、「リモープレイ」との兼ね合いがあるとみられています。今回の情報が正しければ、ようやく太いベゼルとはおさらばになります。

特に「Xperia XA1 Ultra」などは、「サイドベゼル」は持ちやすさを優先するために非常に細いのですが、「上下のベゼル」が非常に太いです。この上下のベゼルをなくせば、単純にアスペクト比は「21:9」に近きますよね。

アスペクト比「21:9」は、「Xperia XZ Ultra」にも採用されると言われており、大画面を搭載する「Ultra」シリーズには共通のアスペクト比になるとも考えられます。続報に期待しましょう。

 

LINEでも記事更新通知をしています。よければお友達登録して下さい。
友だち追加

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧