「Essential Phone」の国内展開が確定か!?

先日発表された「Essential Phone」は、「アメリカ」で今夏の終わりころから発売が開始される予測されています。一方で、「アメリカ」以外の販売地域が不明の中、今回、日本でも発売される可能性が非常に高いことが判明したのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

「日本」でも発売される可能性が高い!

 

先日の情報では、アメリカ国内においてソフトバンクの傘下であるSprintが独占販売をするとされています。詳細は、「「Essential Phone」の取り扱いは「ソフトバンク」が独占か!?」をご参照下さい。この情報により、国内での展開も期待されていましたが今回PDADBに「Essential Phone」が掲載されており、日本国内での展開がほぼ確実であることが判明しました。

今回の掲載情報が上記の画像になり、販売国が「アメリカ」、「日本」、「中国」であることを確認することができます。また対応バンドを確認すると、「バンド21」と「バンド28」に対応していることを確認することができます。ちなみに「バンド21」は「ドコモ」、「バンド28」は「ソフトバンク」のプラチナバンドになっています。

このことからも、日本国内においては「ドコモ」と「ソフトバンク」の電波下では快適に使用することが可能であると考えられます。ただやはり際どいのは「au」です。今回の情報から、「Essential Phone」が「キャリア版」として発売されるのか、それとも「SIMフリー版」として発売されるのか判然としません。

仮に「キャリア版」として発売される場合は「冬・春モデル」として登場することが期待されます。「Essential Phone」の発売自体が今夏の終わりなので、仕方ないといえば仕方ないのですが、発表時点では最高スペックを搭載している端末ですが、次期IFAで発表される機種と比較すれば、どうしても見劣りしてしまう可能性も考えられます。

名称的にも、今後後継機種が発売される可能性が高いと考えられますが、早くても来年の同時期頃になると考えられます。競合機種が多い中、今後「Essential Phone」がどのような差別化をはかってアピールしていくのか非常に楽しみです。まずは、国内の正式発表を楽しみに待ちたいと思います。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧