• HOME
  • ブログ
  • iPhone
  • 次期「iPhone」の純正ケースはワイヤレス充電に対応か!?充電の起点ポイントに!

次期「iPhone」の純正ケースはワイヤレス充電に対応か!?充電の起点ポイントに!

先日の情報により、「iPhone8」と「iPhone7s」シリーズの筺体に「ガラス」が採用されていることから「ワイヤレス充電」に対応することは間違いないと予測されています。今回、「iPhone」の純正ケースが「ワイヤレス充電」に対応する特許が公開されたのでまとめたいと思います。先日の情報の詳細は、「「iPhone8」と「iPhone7s」の鮮明なバックパネル画像がリーク!「ワイヤレス充電」確定!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

純正ケースが「ワイヤレス充電」に対応!

 

先日の情報では、早くも次期「iPhone8」からのデバイスログが判明しており、何かしらのテストを実機を使って開始しているとされています。詳細は、「次期「iPhone8」の実機テストが開始!?表示解像度も判明!?をご参照下さい。さて、今回Appleの特許関連の情報に精通しているPatently Appleによると、Appleが「iPhone」用の純正ケースに「ワイヤレス充電」を対応させるための特許を申請していたことが判明したことを報告しています。

今回公開された特許が上記の画像になります。今回公開された特許によると、立ち位置として「ケース」のため取り外しが可能な状態になっています。このことから外部機器と無線上での通信を行うため「独自回路」が搭載されているとしています。この独自回路によって、外部機器からの「電力」を無線上で受信することが可能になっているとしています。

また、この受信した電力を「有線」か「無線」、どちらの方法でもデバイスに電力を供給することができるとしています。この純正ケースは、装着している「iPhone」に電力を供給することが可能であるということは、逆に言えば、充電ポイントとして使用することが可能であるとも考えられます。ただ現時点での情報では、次期「iPhone8」がどのような「ワイヤレス充電」に対応するかまでは判然としていません。

SAMSUNGの「Galaxy」シリーズに代表されるような「置き型」の充電方法なのか、それとも完全に「無線」対応なのか判然としません。なおさら過去の情報より、どちらの技術にも対応できる準備をしているとも予測することができます。ただ、完全に「無線」式のほうが利便性は大幅に向上すると考えられます。先日の情報は、「iPhone8のワイヤレス充電は本当にワイヤレスかも!?」をご参照下さい。

また、今回の特許技術は、他のデバイスにも共通して採用される可能性があると報告しています。今回の特許が申請されたのは2015年としています。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧