• HOME
  • ブログ
  • iPhone8
  • 「iPhone8」に搭載される新型「Touch ID」でセキュリティーにさらなる革新を!

「iPhone8」に搭載される新型「Touch ID」でセキュリティーにさらなる革新を!

長らく情報が錯綜していた、新型「Touch ID」の搭載場所ですが、先日の情報では、当初の噂通りに「液晶」に統合されとしています。今回、この新型「Touch ID」が「液晶」に統合されることで、よりセキュリティーが強化されるという情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報の詳細は、「次期「iPhone8」の新型「Touch ID」は液晶に統合で確定か!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

より強固なセキュリティーを実現化!?

 

次期「iPhone8」は、液晶サイズが「5.8インチ」になるとされていますが、新しく「ファンクションエリア」が搭載されることから液晶サイズは「5.15インチ」程度になると予測されています。詳細は、「次期「iPhone8」の新たなレンダリング画像が公開!新機能「ファンクションエリア」!」をご参照下さい。

さて今回、BGRによると新型「Touch ID」が液晶に統合されることで、次期「iPhone8」のセキュリティーは大幅に強化されるとしています。しかしながら、今回の新型「Touch ID」がどのように指紋認証を行うのかによって状況は変わります。以前の情報の一部でもありましたが、「Touch ID」が「液晶」すべての範囲で有効になっているのか、それとも数多くのレンダリング画像でもあるような「ファンクションエリア」に搭載されるのか判然としない状況になっています。

今回のBGRによる考えは、液晶すべての範囲で「Touch ID」が有効になっている場合です。仮に「Touch ID」が液晶全体で有効になっている場合、ユーザーが「iPhone8」でタッチパネルを操作している場合、常に「Touch ID」が有効になっているとも考えられます。逆に考えれば、ユーザーがデバイスにふれていない場合は、「Touch ID」で指紋認証」が有効にならないとも考えられます。

つまり、現在の「Touch ID」においては、例えば「iTunesで音楽を購入する」場合など、最後「購入」ボタンを押した後、「指紋認証」をする必要がありますが、液晶すべて「Touch ID」が有効になっていれば、常に「指紋認証」がされていると同じ状態になりえるので、今回のように「購入する」際にあえて「指紋認証」をする必要がないとも考えられます。

この場合、購入するかどうかの「ポップアップ」表示がでる程度になるとも考えられます。常に「Touch ID」が有効になっていることは「有価証券の取引」など高額のお金のやりとりなどにおいて一層安心して「iPhone」で行うことが可能になるとも考えられます。

逆に言えば、「Touch ID」が登録されているユーザー意外の人物が、デバイスにタッチしている場合は「Touch ID」が有効にならないため、「Touch ID」が必要な作業を一切行えないとも考えられます。実際に現時点では、どのような「Touch ID」を搭載するのか判然としませんが、少なくとも今回の情報のように、液晶全体で「Touch ID」が行うようになれば、今までと全く違う「指紋認証」機能になるとも考えられます。

「液晶」に「指紋認証」機能を統合するだけでも非常に難しいと言われています。現に次期「Galaxy Note8」は統合を技術的に断念したとも言われています。次期「iPhone8」がどのような「Touch ID」を搭載するのか続報に期待しましょう。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧