情報錯綜!?次期「iPhone7s」シリーズがガラスの筺体を採用!?

今年の9月にプレミアムモデルである「iPhone8」と同時に、現行のマイナーアップデート版となる「iPhone7s」と「iPhone7s Plus」が発表されると予測されています。今回、あまり情報が少ない「iPhone7s」シリーズの最新情報が入ったのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

「ガラス」の筺体を採用!?

 

「iPhone7s」シリーズは現行の「iPhone7」とデザインはほとんど同じであり、先日の情報では次期「iPhone8」に搭載されるとされている新機能は一切搭載されないとしています。詳細は、「次期「iPhone7s」は新機能の追加は一切ない!?本当にマイナーアップデート版になりそう。」をご参照下さい。

そんな中、今回DigiTimesによると、サプライヤーは、今年発表される3モデルのiPhoneの量産を開始していると報告しています。今回の情報により、「iPhone7s」シリーズは、筺体に「ガラス」を採用し、さらに金属フレームを採用するとしています。また、次期「iPhone8」に関しては、事前情報通り、筺体に「ガラス」を採用し、さらに金属フレームを採用するとしています。

今回の情報により、今年発表される次期「iPhone」の3モデルすべてが、筺体の材質に「ガラス」を採用することになります。このことからも、「iPhone8」だけでなく、「iPhone7s」シリーズにも「ワイヤレス充電」が搭載されると考えられます。

また、合わせて「iPhone7s」シリーズの出荷台数は下半期以降に開始し、両モデルの合計で「2500万〜3000万台」程度になると報告しています。一方で、「iPhone8」の下半期の出荷台数は「5500万台」程度になると言われていますが、現在のサプライヤーの製造状態を鑑みると、まず下半期にならないと大量生産は開始しなく、さらに第3四半期においては、「3万台」程度しか製造されないとしています。

このことからも、例年通り「9月」に発表・発売を開始したとしても、「9月中」に購入することはかなり難しいことが考えられます。「発売日」の関しても情報が錯綜しており、新機能の追加により、「発売日」自体が遅延するとの予測や、「発売日」は「10月以降」になるとの予測もあれば、例年とおり「9月」に発売されるとの情報もあり正直判然としません。

多くのユーザーは「iPhone8」に注目しており、「iPhone7s」は蚊帳の外って感じも否めませんが、「iPhone7s」シリーズだけでも例年通りに発売されてほしいところです。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧