「iOS11」では、「Wi-Fi」のパスワードを共有する機能が追加に!

「iOS11」の「開発者向け」β版がすでに配信を開始されているため、先日のWWDCではあまり触れられなかった新機能が続々と判明しています。今回、「iOS11」にアップデートすることで「Wi-Fi」がより便利になる機能が追加されていることが判明したのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

「Wi-Fi」のパスワードを自動で共有!

 

個人的には、一つのデバイスで「Wi-Fi」を接続した場合、そのデバイスと同じ「iCloud」を共有しているデバイスなら、再度「Wi-Fi」の接続をする必要がないということだけでもかなり便利に感じます。特に、自分の家以外で、一度「iPhone」で「Wi-Fi」接続設定を行えば、「iPad」や「MacBook」が自動的に「Wi-Fi」と接続してくれるからです。

さて今回、9To5Macによると、「iOS11」にアップデートされている端末同士であれば、「Wi-Fi」の「パスワード」を共有する機能が追加されていることが判明したと報告しています。

一度、対象となる「Wi-Fi」の接続設定を行なったデバイスがあれば、同じ「iCloud」アカウントでなくても、「iOS11」にアップデートさえしてあれば、「Wi-Fi」の「パスワード」を共有することが可能になります。特に、友達の家や、実家など自分の家以外で「Wi-Fi」を接続する場合に重宝される機能です。

もっと簡単にいえば、自分が友達の家に遊びに行った時に、その家のWi-Fiに接続したい場合があるとします。この時にWi-Fiのパスワードを共有するためには以下の条件が必要になります。

①友達が「Wi-Fi」の接続設定をしている。

②友達と自分のデバイスが「iOS11」にアップデートしている。

この条件のみで、後は友達のデバイスに近づけることで、上記の画像のように「パスワード」を共有する画面が表示されるので、タップするだけです。これで「パスワード」をわざわざ打ち込まなくても、友達の家の「Wi-Fi」に接続することができるようになります。

冒頭でも記述しましたが、一度「接続設定」を行えば、同じ「iCloud」のアカウントを共有しているデバイスでは、個々に「接続設定」が不要にあります。このことからも、そこまで頻度高く使う機能ではないと思いますが、地味に便利な機能だと考えられます。

今回のような機能の追加は地味ですが、Appleのエコシステムの構築はやはり上手く、この辺はAndroidはかないませんからね。「Android O」がどのようなエコシステムを構築するのかも非常に気になります。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧