SAMSUNG「Galaxy Note8」はもうテスト段階に!?「Android7.1.1」を搭載している模様!

例年通りであれば、8月から9月に発表が予測されている次期「Galaxy Note8」ですが、やはり実機は完成している模様で、すでに「Android7.1.1」を搭載してのテスト段階にあるとされているのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

「Android7.1.1」を搭載してのテスト段階に

 

4月下旬より発売を開始し、過去最高の予約数を獲得しつつ、さらに前モデルの2倍のペースの売れ行きを記録している「Galaxy S8」シリーズとは異なり、次期「Galaxy Note8」は、リコール問題まで引き起こした「Galaxy Note7」の後継機種として、大きな注目が集まっています。さて今回、SamMobileによると、「Galaxy Note8」は、「Android7.1.1」を搭載しテストを行っていることを報告しています。

実際、「Galaxy Note8」が発売されたときの搭載OSも「Android7.1.1」になると報告しています。現時点で最新OSは「Android7.1.2」であり、一部対象機種には配信を開始しています。また、今夏には「Android O」つまり「Android8.0」の配信が始まるとされており、今回の情報によれれば、最新OSに対応していない状態での発売になると考えられます。

現行の最新機種である「Galaxy S8」シリーズも出荷時においても「Android7.0」だったので、SAMSUNGとしては最新機種に最新OSを搭載しての発売にはこだわっていないとも思えます。

現時点では、「Galaxy Note8」の詳細なスペックは判明していませんが、「Galaxy S8」と同様に「インフィニティディスプレイ」が搭載され、ディスプレイの解像度は「4K」に対応すると言われています。詳細は、「次期「Galaxy Note8」は「Xperia XZ premium」以上の4Kディスプレイ搭載か!?」をご参照下さい。

また、「snapdragon835」を搭載し、RAMが「6GB」になるとされていますが、液晶サイズが「6.3」インチと、「Galaxy S8+」の「6.2」インチとほとんど変わりがなく、現時点では解像度が「4K」に強化されていることと「S-Pen」に対応していることくらいしか差がないと考えられます。

SAMSUNGが「Galaxy S8+」と「Galaxy Note8」をどう差別化するか判然としませんが、良くも悪くも「Galaxy S8+」が売れれば売れるほど「Galaxy Note8」がつらい状況になりかねないとも考えられます。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧