ドコモ版「Xperia XZ premium」の価格が判明!とりあえず10万円を超えなかった!

5月下旬に開催されたドコモの新製品発表会において発表された「Xperia XZ premium」ですが、「発売日」の情報が錯綜している中、今回「価格」が判明したのでまとめたいと思います。「発売日」の詳細は、「悲報!ドコモ版「Xperia XZ premium」の発売日が延期か!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

「Xperia XZ premium」の価格が判明!

 

「SIMフリー」版においては、事前情報通り在庫状況が不安定でありその影響が「ドコモ版」にも出ると言われており、一部情報では発売日が遅れるとも言われています。しかしながら、SONYが渋谷で「6月16日」からイベントを開催することから、「6月16日」が発売ではないかと予測されています。詳細は、「渋谷で「Xperia XZ premium」のタッチ&トライを「6月16日」に開催!やはり発売日か!?」をご参照下さい。

今回、ドコモ版「Xperia XZ premium」の価格を撮影した画像が、Twitter上でTweetされていることが判明しましたのでまとめたいと思います。

 

 

具体的に、どこのショップで撮影されたかどうかは判然としませんが、フェイク画像である可能性は非常に低いと考えられます。今回の画像より、「Xperia XZ premium」の本体価格は「9万3960円」ということが確認できます。一部情報では、「10万円」を超えるとも言われていて、「Expansys」での実質価格は、「9万円」前後のため、「SIMフリー」モデルより「1万円」以上高いことはないと考えていたので、今回の画像を確認して正直安心しました。

上記の画像においては、本体価格が「10万2600円」となっていますが、これは頭金の「8640円」を含んだ金額になります。にしても最近、実店舗で購入する機会がなかったのであまり意識していませんでしたが、「頭金」が物凄く高くなっていますね。実店舗で購入する場合、これに「事務手数料」を取られるので、「機種変更」するだけでも、「実店舗」と「オンラインショップ」では、価格差が「1万円」以上あることになります。

また、今回の画像を確認する限り、「機種変更・新規契約」の場合は実質負担金が「4万5360円」で、「MNP」の場合は実質負担金が「1万5552円」であることが分かります。「MNP」の実質負担金が安いのは別として、今回「機種変更」においても実質負担金が「4万ちょっと」におさまったのは良心的だと考えられます。

「Xperia Z5 premium」の時は、実質負担金が約「7万円」だったので。現時点では、「ドコモオンラインショップ」では価格表示がされていませんが、早くて来週の始めには、今回判明した価格が表示されると考えられます。

 

LINEでも記事更新通知しています。よければお友達登録して下さい。
友だち追加

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧