音楽でさらなる革新を!Apple「Home Pod」を発表!

先日の情報では、Appleが音声アシスタントスピーカーである「Siri Speaker」を発表されるとしていましたが、先ほど行われたWWDCでAppleが新規カテゴリーデバイスである「Home Pod」を発表したのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

Apple「Home Pod」を発表!

 

今回、Amazon「Amazon Echo」やGoogle「Google Home」の対抗製品として、「Home Pad」を発表しました。Appleは、「iPod」で個人に対する革新を起こし、次は「家族」に対し、「Home Pod」で革新を起こすとしています。「Home Pod」を、音声アシスタント「Siri」をメインとしてスピーカーです。

事前情報では、Appleの発言から「液晶」を搭載していないのはナンセンスだとしていましたが、実際に発表された「Home Pod」には「液晶」は搭載されていません。多少発言と矛盾しているようにも感じられますが。

「Home Pod」は、「A8」チップを搭載し、「Siri」の統制及び、音量・音響の調整を行うとしています。本体は、「メッシュ」で覆われたデザインを採用しており、ユーザーの動き検出する7つのスピーカーを搭載しています。また壁の反響なども検出した上で、音量を調整するため、ある程度の部屋の広さでも、しっかりとした音量で音楽を楽しむことができます。

また、6つの「マイクロフォン」を搭載しているため、しっかりとした音量で音楽を聴いている場合でも、しっかりユーザーの声を認識し、「Siri」が起動するように調整されているとしています。また同時により強化された「Airplay2」を発表しているため、「iPhone」や「iPad」を通して音楽を楽しむこともできますが、「Home Pod」自体が「Apple Music」に対応しているため、「Siri」を搭載して再生することもできます。

また「Siri」を搭載しているので、「iPhone」と同様に、「天気の確認」や「スケジュールの確認」を行うこともできます。発売日に関しては、事前情報通り今年後半になり「12月」になるとしています。また、価格も「$349」(日本円で約3万9000円)となっていますが、「Amazon Echo」のような「音声アシスタントシステム」と「スピーカー」を別々に購入した場合、約「$700」程度することから、半額程度の金額で購入できると、「Home Pod」の安さをアピールしています。

 

 

LINEでも記事更新通知しています。よければお友達登録して下さい。
友だち追加

 

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧