情報錯綜!やはり「MacBook Air」は廃止!?

先日の情報では、今晩開催されるWWDC2017において、新型「MacBook」シリーズが発表され、その中で「MacBook Air」がアップデートされると予測されています。しかしながら今回、「MacBook Air」が廃止されるという情報が入ったのでまとめたいと思います。先日の情報の詳細は、「WWCD2017で新型「MacBook」シリーズを発表か!?「MacBook Air」は存命かも!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

「MacBook Air」は廃止!?

 

先日、自称「Foxconnのインサイダー」として、次期「iPhone8」や「Siri Speaker」など、数多くの新製品情報をリークした人物が、今回BGRによると新たに「MacBook Air」は廃止になると報告していることが判明しました。先日のリーク情報の詳細は、「新型「iMac」は「ダークブラック」モデルが追加か!?」をご参照下さい。

今回の情報によると、Appleに「2017年に新しいMacBook Airを導入するか」という質問に対して、はっきりと「ない」と答えたそうです。2008年に初登場した初代「MacBook Air」は、「モバイル性」に特化した非常に高価な製品であり、かつ非常にニッチな製品でした。2014年までは毎年内部アップデートを行なってきましたが、大きくデザインが変更されることはなく、競合他社製品への優位性も今やほとんどありません。

一時期、「MacBook Air」に「Retinaディスプレイ」モデルが登場すると言われていましたが、実際に登場したのは「12インチMacBook」でした。このことからも「MacBook Air」の最大の特徴である「モバイル性」は、新しく登場した「MacBook」に受け継がれたことになります。

今後、「MacBook」シリーズにエントリーモデルとして存続する可能性はありますが、アップデートが行われる可能性は非常に低いとしています。個人的には「MacBook Air 11インチ」モデルは非常に魅力的な存在でしたが、今や生産は終了しており、残るは「13インチ」モデルのみです。

事前情報通りであれば、「MacBook」シリーズのアップデートはWWDCで行われ、今年後半は「iMac」のアップデートが行われるとしています。このことからも、今晩開催されるWWDCで新型「MacBook Air」が発表されない限り、今年もしくは今後アップデートされる可能性は非常に低くなります。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧