新型「iMac」は「ダークブラック」モデルが追加か!?

WWDCを直前に控え、新商品の発表で話題がもちきりの中、今回、「Foxconn」のリーカーから次期「iPhone8」や「Siri Speaker」、さらに新型「iMac」についての最新情報が入ったのでまとめたいと思います。WWDCの詳細については「iPhone8の発表も!?WWCD2017開催前に必ず確認したい事前情報ベスト5」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

新製品の様々な情報がリーク!

 

今回、9To5Macによると、自称「Foxconnのインサイダー」という人物から、Appleの新製品についてのリーク情報を入手したことを報告しています。まず、次期「iPhone8」は、このリーカーによると今年の1月頃にEVT段階の実機を目撃する機会があり、やはり新型「Touch ID」は背面に搭載されないということを報告しています。

EVT段階では、液晶に統合されているモデルをテストしていたとしており、現行の「iPhone7」より薄くなり、事前情報通り「ベゼルレスデザイン」を採用していると報告しています。

次に、「Amazon Echo」など、ホームアシスタントデバイスとなる「Siri Speaker」は、やはり「Mac Pro」を小型化させた「円筒」の形状になると報告しています。このリーカーは、「カメラ」を搭載したモデルや「ディスプレイ」を搭載したモデルなど、複数のモデルを試していたとも報告しています。また、WWDCで発表される可能性は高く、そのリーカーが確認できていないモデルが実際には製品化されているだろうと報告しています。

今年の後半には新型「iMac」が登場すると言われており、プロ向け仕様のモデルが発表されるとも予測されており大きな話題を集めていますが、今回の情報によると、2017年に登場する新型「iMac」は、内部アップデートに留まり、デザイン上の変更はほとんどないと報告しています。しかしながら、2018年に登場する「iMac」は、筺体に「ガラス」を採用し、新色として「ダークブラック」モデルを追加すると報告しています。

また、以前より噂されている「Micro LED」パネルの搭載と、再び光るAppleロゴが復活するとも報告しています。さらに「Magic keyboard」についても報告しており、現行の「MacBook Pro」に搭載している「Touch Bar」の搭載に加え、キーボードが「電子ペーパースマートキー」が採用されるだろうと報告しています。

そして最後に長らく噂されているARスマートメガネについて言及しており、「セルロースアセテートフレーム」、「骨伝導モジュール」、「複数のマイクロホン」、「内部バッテリ」及びユーザの視覚に情報を反映するようにプリズムを搭載していると報告しています。。

また「音声入力」や動きを検出する加速度計のためのマイクが含まれ、うなずいたりなどのジェスチャーを検出する仕様になっているとも報告しています。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧