• HOME
  • ブログ
  • iPhone8
  • 小型モデルユーザー必見!「iPhone8」の大きさがよく分かるレンダリング画像が公開に!

小型モデルユーザー必見!「iPhone8」の大きさがよく分かるレンダリング画像が公開に!

先日の情報では、最近多くリークしているモックアップを元に作成されたレンダリング画像が公開し、従来より「iPhone8」の完成図を容易に想像できるレンダリング画像が公開されました。今回、iPhone7シリーズと比較した新たなレンダリング画像が公開されたのでまとめたいと思います。先日の情報は、「実際の「iPhone8」もこれと同じデザインなのでは!?超精巧なレンダリング画像が公開に!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

大きさがよく分かるレンダリング画像が公開に!

 

先日の情報では、早くも「iPhone8」の専用ケースがリークしており、実際の大きさをイメージをすることができるようになりました。詳細は、「「iPhone8」の専用ケースが公開に!?「iPhone7」とほぼ同じ大きさに!」をご参照下さい。さて今回、9To5Macによると、iDROP NEWSが新たなレンダリング画像を公開していることを報告しています。

上記の画像が今回公開されたレンダリング画像の一部で、左から「iPhone7」・「iPhone8」・「iPhone7 Plus」となっており、「iPhone8」の大きさが非常に分かりやすいレンダリング画像になっています。ベゼルレスデザインの採用で「アスペクト比」が変更されているため、多少縦長になっていますが、大きさに関してはほぼ「iPhone7」と同じ大きさでありながら「5.8インチ」とファブレット級の大型液晶を搭載していることになります。

今回の情報によると、「iPhone8」のサイズは「143.59 x 70.94 x 7.57 mm」になるとされており、「iPhone7」のサイズである「143.59 x 70.94 x 7.57 mm」と比較しても、そこまでサイズ感が変わらないことを確認することができます。

また、ライバル機種である「Galaxy S8」のサイズが「148.9 x 68.1 x 8.0 mm」となっていることから、「iPhone8」のほうが縦に短く、本体の厚さも「約0.5mm」薄いことが確認できます。

「 Galaxy S8」と比較して、「iPhone8」のベゼルは幅が均等になるとされており、このことから僅かに「iPhone8」のほうが横幅が長いということが考えられます。また一切の情報がでてきていない「iPhone8」の重さに関して、今回の情報によると、本体の厚みが増す分だけ、「iPhone7」の「138g」より重くなるだろうと報告しています。

今回のレンダリング画像より、「iPhone8」の大きさが非常に分かりやすいと考えられます。また今回のレンダリング画像に表示されていませんが、新たに「ファンクションエリア」が搭載されると言われており、実際にユーザーが使える画面サイズは「5.15インチ」になると言われています。何より、「iPhone8」は小型モデルが好きなユーザーにとってはおすすめの選択肢になることは間違いないと考えられます。ファンクションエリアの詳細は、「次期「iPhone8」の新たなレンダリング画像が公開!新機能「ファンクションエリア」!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧