• HOME
  • ブログ
  • iPhone8
  • プレミアムモデルである次期「iPhone」の名称が判明か!?「iPhone Covfefe」

プレミアムモデルである次期「iPhone」の名称が判明か!?「iPhone Covfefe」

先日の情報では、iPhone発売10周年を記念したプレミアムモデルである「iPhone」の名称が「iPhone8」ではないとされていましたが、今回、その名称が明らかになったのでまとめたいと思います。先日の情報は、「9月発表予定のプレミアムモデル「iPhone」の名称は!?iPhone8ではない模様!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

名称は「iPhone Covfefe」!?

 

ここ最近になって、より精巧なモックアップが公開されるに伴って、より精巧なレンダリング画像が公開されており、次期「iPhone」の全体図が非常にイメージしやすくなっています。さて、今回、Appleのリーク情報で有名なBenjamin Geskin氏が自身のTwitter上で、次期プレミアムiPhoneの名称を「iPhone Covfefe」であるとTweetしていることが判明しました。

 

 

この「Covfefe」の意味及び名称の由来に関しては現時点で判然としません。一方で、「Covfefe」という言葉自体は、何かと話題を集めるアメリカのトランプ大統領がTweetしたことで認識のある方もいるのではないでしょうか?トランプ大統領がTweetした際も、「新たな造語か?」や「単純なスペルミスか?」と様々な見解がでていますが、その真意は判然としません。

ただ、今回の情報がBenjamin Geskin氏によるものなので、全くのデタラメということは考えにくく、信ぴょう性が高いと考えられます。またBenjamin Geskin氏は加えて、WWDCで発表される新しいソフトウェアに関しても言及しており、「iOS Covfefe」と「macOS Covfefe」が発表されるとしています。

ここ近年の「macOS」に関しては、OSの名称に「地名」を採用しており、以前までは「ネコ科の動物の名称」を採用していました。一方で「iOS」に関しては、「ナンバリング」を採用しており現行は「iOS10」です。Appleとしては、「10」以降の数字は採用せず「macOS」のように何かしら「テーマ」に基づいた命名規則に変更するとも考えられます。

単純な考え方ではありますが、後々に発表される「iPhone 10」以降の名称も、「テーマ」に基づいた命名規則に変更されるとも考えることができます。現時点では、「Covfefe」がどのような意味を込めているのか分かりませんが、造語の場合はやはり推測することもできません。

今回の情報通りに新しい「OS」に採用されるのであれば、その時に「名称の意味」も明らかになると考えられます。続報に期待しましょう。

 

LINEでも記事更新通知をしています。よければお友達登録して下さい。
友だち追加

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧