• HOME
  • ブログ
  • iPhone8
  • 実際の「iPhone8」もこれと同じデザインなのでは!?超精巧なレンダリング画像が公開に!

実際の「iPhone8」もこれと同じデザインなのでは!?超精巧なレンダリング画像が公開に!

ここ最近になって精巧なモックアップが次々と公開されている次期「iPhone8」ですが、そのモックアップを元に作成された精巧なレンダリング画像が公開されたのでまとめたいと思います。先日のモックアップの詳細は、「確定デザインを採用した「iPhone8」のモックアップが登場!これなら買い!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

新たなレンダリング画像が公開に!

 

先日の情報では便宜上「iPhone8」と呼ばれている次期プレミアムモデルのiPhoneですが、名称は「iPhone8」ではないとされています。詳細は「9月発表予定のプレミアムモデル「iPhone」の名称は!?iPhone8ではない模様!」をご参照下さい。さて今回、Appleのリーク情報で有名なBenjamin Geskin氏が自身のTwitter上で、より精巧な「iPhone8」のレンダリング画像を公開していることが判明しました。

 

 

上記の「iPhone8」のモックアップ画像を元に、事前情報とBenjamin Geskin氏が持っている情報を加えて作成されたのが今回公開された精巧なレンダリング画像になります。「Galaxy S8」シリーズに採用されている「インフィニティディスプレイ」と異なり、「ベゼルレスデザイン」を採用しているところは同じですが、「iPhone8」の場合は「ベゼル幅」が均一になっていることを確認することができます。

また画面上部を確認すると、「FaceTimeカメラ」とは別に「顔認証」機能などに使用されることが予測されるセンサーを確認することもできます。本体両面を確認しても「Touch ID」を確認することはできません。やはり先日の情報通り「液晶」に統合されるということでほぼ間違いないと考えられます。詳細は、「次期「iPhone8」の新型「Touch ID」は液晶に統合で確定か!?」をご参照下さい。

背面は非常にシンプルなデザインであり「垂直型」の「デュアルレンズカメラ」のみを確認することができます。やはり個人的には背面に「Touch ID」がないほうがいいと改めて思います。今回のように完成度が非常に高いレンダリング画像を確認すると、改めて「iPhone4」のようなデザインであり非常に懐かしいという印象を受けます。

「iPhone4」シリーズの時は「ホワイト」と「ブラック」のみでしたが、「iPhone8」においては「ゴールド」や「シルバー」など既存のカラーラインナップが反映される可能性が高いと考えられます。材質が「ガラス」の上で「ゴールド」や「シルバー」がどのような質感に仕上がるのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧