さようなら「iPhone3GS」ついにサポートが終了に!

日本での「iPhone」人気の始まりともいえる「iPhone3GS」ですが、今回公式サポートが終了したことが判明しました。またMacBook Proの一部モデルなどもサポートが終了したので、今回、サポートが終了した機種についてまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

さようなら「iPhone3GS」

 

製造中止から5年以上7年未満の製品で、「ハードウェア」のサービスが終了した製品のことを「ビンテージ製品」といい、製造中止から7年以上が経過した製品を「オブソリート製品」といいます。ちなみに、オブソリート製品は、完全に「ハードウェア」のサービスが終了するだけではなく、部品の発注もできなくなることから、完全に修理が不可能になった状態の製品のことをさします。

今回、9To5Macによると、6月30日に新たに「ビンテージ製品」及び「オブソリート製品」に追加される対象製品が判明したことを報告しています。今回判明した製品は以下のようになります。

 

  • MacBook Air (11-inch, Mid 2011)
  • MacBook Air (13-inch, Mid 2011)
  • MacBook Pro (13-inch, Late 2011)
  • MacBook Pro (15-inch, Late 2011)
  • MacBook Pro (17-inch, Late 2011)
  • MacBook Pro (17-inch, mid 2009)

 

これら上記の製品は、「ビンテージ製品」に移行することになります。また完全にサービスが終了してしまう「オブソリート製品」に移行してしまうのは以下のようになります。

 

  • iPhone 3GS (16GB / 32GB
  • iPhone 3GS (16GB / 32GB – China)

 

ちなみに、海外のApple Storeでは、「ビンテージ製品」と「オブソリート製品」で区別をしているのですが、日本では、「ビンテージ製品」という区別がなく、「オブソリート製品」のみとなります。当たり前なのですが、「2011年モデル」って本当少し前の印象なのですが、もう7年も経過しているんですね。特に「MacBook Air 11インチ」モデルには思入れがあるのでちょっと寂しいです。

また、日本での知名度があがるきっかけになった「iPhone3GS」は「6月30日」をもって完全にサービスが終了することになります。さすがに現役で使っている強者はいないと思いますが。今回で「iPhone3GS」が終了するということは、来年は「iPhone4」がサポート終了の対象機種になるということですよね。

毎年新しいモデルが発表される一方で、旧モデルは終わりを迎えていくのはやはり感慨深いです。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧