「Xperia XZ premium」は「ハイブリットSIMトレイ」を採用している模様!

先日、いよいよSIMフリーモデルが一部の地域を対象に発売を開始しています。「Xperia XZ premium」は「デュアルSIM」と「シングルSIM」モデルに分かれているのですが、今回「デュアルSIM」モデルの「SIMトレイ」の詳細が判明したのでまとめたいと思います。発売に関しての詳細は、「国内での購入が可能に!「Xperia XZ premium」発売開始!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

ハイブリットSIMトレイを採用に!

 

日本での国内展開においては「シングルSIM」モデルが採用されますが、「グローバル」モデルのメインは「デュアルSIM」モデルです。先日の情報では、「2枚のSIMカード」と「SDカード」が同時に使用が可能と、フランスのXperia公式TwitterアカウントからTweetされましたが、今回、GSM Arenaによると、「デュアルSIM」モデルのユーザーマニュアルから、「ハイブリットSIMトレイ」を採用していることが判明したことを報告しています。

つまり、「ハイブリットSIMトレイ」を採用しているため、上記の画像のように、「SDカード」を使用している時は、「SIMカード」が「1枚」しか使えず、「SIMカード」を2枚使用しているときは、「SDカード」が使えないということになります。フランスの公式アカウントからのツイートが誤報ってちょっとって思ってしまいます。

ただ、ROMが「64GB」もあるので、常にSDカードが必須という状態にもなりにくいと考えられます。技適の問題もありますが、デュアルSIMモデルのほうが個人的には有用性が高いと思います。対応バンドを確認する限り、「デュアルSIM」モデルでも国内で快適に使える環境だと考えられます。詳細は、「「Xperia XZ premium」はSIMフリー版がオススメ!プラチナバンドに対応!」をご参照下さい。

あとは何より気になるのは、先日突如リークした新色「レッド」の存在です。詳細は、「「Xperia XZ premium」新色「レッド」のハンズオン画像が公開に!電源ボタンがブラックでかっこいい!」をご参照下さい。「Xperia Z5 premium」のときにあった「ゴールド」がなくなってしまいましたが、「レッド」と「ピンク」が追加され合計4色展開です。

事前情報では、「ブラック」に人気が集中していますが、販売を開始して実際どのカラーが人気があるのか気になります。見る角度によっては青みがかる「ブラック」も気になりますが、やはり王道の「クロム」が一番物欲を刺激されます。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧