• HOME
  • ブログ
  • Xperia
  • 次期「Xperia XZ1」シリーズは新しいデザインコンセプト「Y」を採用か!?

次期「Xperia XZ1」シリーズは新しいデザインコンセプト「Y」を採用か!?

今年の9月に開催が予測されている「Xperia XZ1」シリーズですが事前情報では、デザインは刷新されず「マイナーアップデート」になると言われています。一方で新しいデザインコンセプトを採用するとの情報が入ったのでまとめたいと思います。事前情報の詳細は、「「Xperia XZ1 premium」が驚愕の進化を!?「Xperia XZ1」シリーズはあまり期待できないかも。」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

新しいデザインコンセプト「Y」を採用か!?

 

先日の情報では、今後SONYは「ミドルレンジクラス」を廃止し、「ハイエンドモデル」と「エントリーモデル」に注力するとしています。詳細は、「SONYが「Xperia XZ1」シリーズの発表を示唆!?「Xperia X」と「Xperia X compact」の廃止も!」をご参照下さい。今回、海外の投稿フォーラムであるESATOに、2017年に登場する新型Xperiaのデザインコンセプトは「Y」を採用するのではないかという投稿がされていることが判明しました。

初代「Xperia Z」以降、一貫して「オムニバランス」のデザインを採用しています。一方で、その時のトレンドに合わせたデザインコンセプトも採用しています。上記の画像は「Xperia Z5」シリーズに採用されたデザインコンセプト「MONO」を表現した画像になっています。「Xperia Z5」は、「ガラス」を採用した筺体になっており、またその「ガラス」を特殊加工してあるため、「ガラス」なのに変に光沢感がなく、落ち着きがあり高級感がある仕上がりになっていました。

 

 

次に、2016年に発売された「Xperia XZ」に採用されたデザインコンセプトは「TUBE」です。「TUBE」というピンときませんが、どちらかというと「ループ」形状や「ループデザイン」といったほうがピンとくるかもしれません。

「Xperia XZ」より、神戸製鋼の特殊加工された「アルミ」を筺体に採用しています。ただ「iPhone」に採用されているようなアルミの質感ではなく、どちらかといえば「プラスチック」のような質感にも感じてしまいます。

 

スポンサードリンク



 

 

最後に、今年のトレンドコンセプトデザインとされている「Y」を採用した新型Xperiaのコンセプト画像です。先日発表された「Xperia XZ premium」を始め、アスペクト比「16:9」を採用しているため、同時期に発表された「Galaxy S8」や「LG G6」に採用されているアスペクト比「18:9」のベゼルレスデザインを見てしまうと、多少とも遅れている感が否めません。

今回のコンセプト画像がかっこいいかどうかは別の話として、次期「iPhone8」もこの「Y」を採用したベゼルレスデザインを採用すると言われています。「iPhone8」に関しては、ホームボタンを廃止して、液晶に「Touch ID」を統合することに非常に苦戦していると言われていますが、Xperiaに関してはその辺の心配が無用です。

デザインコンセプトである「Y」を採用し、ベゼルレスデザインを採用したとしても指紋認証は「電源ボタン」に統合されている現状の仕様から変更されることが考えにくいからです。先日の情報では、「アスペクト比」を変更することは「SONYモバイル」単体での判断では難しく、「SONYグループ全体」での協議事項になるとされています。詳細は、「Xperiaは当面「ベゼルレスデザイン」を採用しない模様!」をご参照下さい。

一方で、徐々にアスペクト比を変更しながらベゼルレスデザインを採用していくとの情報もあります。果たして今回の情報のように、「Xperia XZ1」シリーズが「Y」を採用したベゼルレスデザインを採用するかは判然としませんが、続報に期待しましょう。

 

LINEでも記事更新通知をしています。よければお友達登録して下さい。
友だち追加

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧