• HOME
  • ブログ
  • iPhone
  • 2018年に発表される次期「iPhone SE」は「5.28インチ」の液晶を搭載か!?

2018年に発表される次期「iPhone SE」は「5.28インチ」の液晶を搭載か!?

今年後半に発表が期待されているプレミアムモデルである「iPhone8」に話題が集中していますが、早くも2018年に発表が予測される次期「iPhone9」の情報がリークしたのでまとめたいと思います。「iPhone8」の最新情報は、「またもや「iPhone8」の設計図がリーク!はたして「Touch ID」の場所は!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

「iPhone9」は2モデル構成か!?

 

先日の情報により「iPhone8」は、ベゼルレスデザインの採用で本体サイズが「iPhone7」と同等程度の大きさになると判明しています。詳細は、iPhone8」の専用ケースが公開に!?「iPhone7」とほぼ同じ大きさに!」をご参照下さい。さて今回、MacRumorsによると、2018年に発表が予測される「iPhone9」は「5.28インチ」と「6.46インチ」の2モデル構成になると報告しています。

次期「iPhone8」が「5.8インチ」の液晶を搭載しながら本体サイズが4.7インチを搭載している「iPhone7」と同等程度の大きさであることを考慮すれば、「iPhone SE」にベゼルレスデザインを採用したモデルが「5.28インチ」モデル、「iPhone7 Plus」にベゼルレスデザインを採用したモデルが「6.46インチ」モデルと考えることができます。

ただこの2モデルに関して、「本体サイズ」及び「液晶サイズ」に大きな差があるので、以前より噂されていた次期「iPhone8」は3モデルに構成になると言われていたのは、2018年に発表される「iPhone SE」・「iPhone9」・「iPhone9 Plus」の3機種のことを指していたとも考えられます。

正直今年発表される「iPhone8」に関して便宜上そう用いているわけであって、正式名称は判然としません。事前情報によるとiPhone発売10周年を記念して「iPhone X」になるとも言われています。このことからも2018年に発表が予測される次期「iPhone」に関しても名称の規則性が現時点では読めず、今回の情報通り「iPhone9」になるのか「iPhone8s」になるのかも判然としません。

また今回の情報において、「iPhone9」の液晶以外のスペックは判明していなとも報告しています。強いていうなら「3Dセンサー」の搭載は早くても2018年以降になると言われています。詳細は、「早くも「iPhone8s」の情報が!?」をご参照下さい。このことからも、「AR」機能や「顔認証」機能など「iPhone8」に搭載されるといわれている機能の一部は、2018年に発表される次期「iPhone」の新機能になるとも考えられます。続報に期待したいところです。

 

LINEでも記事更新通知をしています。よければお友達登録して下さい。

友だち追加

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧