• HOME
  • ブログ
  • Android
  • 各キャリアは「テザリングオプション」をいつまで無料で行うのか!?

各キャリアは「テザリングオプション」をいつまで無料で行うのか!?

各キャリアとも、「iPhone5」が国内で展開する際に、「4G」対応の料金プラン作成に力を入れ始め、その結果、「4G」対応のスマートフォンや料金プランが普及するきっかけとなりました。各キャリアが、「iPhone5」対応の料金プラン作成時に、大きく注目となったのが、「テザリング」オプションです。今回は、この「テザリング」オプションについてまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

「テザリングオプション」はいつまで無料なのか!?

 

先日、Docomoが発表した、新しい料金プランが大きな注目となっています。一つ目は、「シンプルプラン」です。月額「980円」で、家族間では、「無料」で、それ以外の人との通話は「有料」と非常に分かりやすいプランです。

各キャリアが、「カケホーダイ」プランを進めていく中、Docomoは、以前の旧式の料金プランを彷彿させる、通話をしないユーザーにとっては低額の料金プランを発表しました。そして、もう一つは、「ウルトラシェアパック30」です。

家族間で、「30GB」のパケットをシェアできるというプランです。以前までは最低ラインが「50GB」からだったので、そこまで使わないけど、それなりに使いたいというユーザーにとっては、料金的にも良心的な新しいプランが発表されました。

ただ、ここで一つ気になるのが、「テザリング」オプションが「有料」であることです。料金プラン開始時は、キャンペーンのおかげで、「無料」となっていますが、あくまでも、この「無料」は「期間限定」です。では、この「無料」はいつまでの続くのかと思うユーザーも多々いると思います。

直近では、「ソフトバンク」と「au」が、「2018年3月」までは無料となっています。しかしながら、この「無料」は、「Docomo」と同様に、「キャンペーン」期間のための価格となっています。

では、今回のキャンペーンが終了した場合、各キャリアは、テザリングを有料化するのか気になるところですが、テザリング料金をオプションとして追加すること自体が、「電気通信事業法」に抵触する可能性があると考えられます。

「電気通信事業法」によると、通信事業者は、「電気通信事業法で公平に通信を扱うことを義務」としています。ユーザーは、データに使用限度がある料金プランを契約しており、その制限の中において、ユーザーは好きにデータ容量を使用していいと考えられます。

つまり、月づき「5GB」のデータプランを契約しているのであれば、スマホ本体での通信にせよ、「テザリング」にせよ、「5GB」の範囲であれば、好きに「データ」を使っていいことになります。このことからも、キャリアがユーザーに、別途で「テザリング」料金を請求すること自体が、非常にグレーゾーンとも言えます。

各社、「テザリング」の「キャンペーン期間」を都度延長していることから、今後も何かしらの理由をつけて「っキャンペーン」期間が延長されると考えられます。携帯の販売方法に関して、きつく総務省から指導を受けているキャリアが、これ以上、揉め事を増やさないためにも、極力「グレーゾーン」は避けてくると考えられます。

 

スポンサードリンク



 

[via 毎日新聞]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧