次期「Apple Watch series3」のデザインが判明か!?

今年の後半に発表されることが予測されている次期「Apple Watch series3」ですが、年明けからのリーク情報の多くは「スペック」についてでしたが、今回「デザイン」についての最新情報が入ったのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

「Apple Watch series3」のデザインは!?

 

「Apple Watch series2」は、基本スペックの向上に加えて「ワークアウト」機能をより強化した仕様になっています。一方で、次期「Apple Watch series3」は基本スペックをさらに強化するといいます。事前情報では、よりiPhoneより独立した存在になるために「LTE」に対応すると言われています。詳細は、「やはり次期「Apple Watch series3」にWi-Fi Cellularモデルが追加か!?」をご参照下さい。

「スペック」に関してのリーク情報が多い中、今回、Appleの特許関連の情報に精通しているPatently Appleによると、今回公開された特許には次期「Apple Watch」のデザインのヒントが隠されていることを報告しています。今回公開された特許図が上記の画像になります。特許図を確認すると従来の「Apple Watch」と比較して、全体が「カーブ」を描いており、ベルト含めて「シームレス」な印象になっています。

特許によると、次期「Apple Watch」に搭載される「液晶」は、従来の本体だけではなく「ベルト」部分まで拡張していることが確認できます。しかし、従来の「液晶」に採用されていた「ガラス」を採用することはできません。先日の情報では、Appleは「ゴリガラス」の製造など行なっている「ガラス」メーカー(Corning)に10億円規模の出資をしたされています。

この、Corningが開発しているという新しいガラスを採用するといわれています。この新しいガラスは、「Willow Glass」と呼ばれており、特徴は、「薄く・軽く・しなやか」であることとされています。まさに「Apple Watch」のような腕型時計端末のために開発されたようなガラスです。

逆に言えば、Appleはこの「Willow Glass」の技術を独占的に採用するために、出資をしたとも考えることができます。今回の特許図では確認することはできませんが、「Apple Watch」は、本体とは別にバンドを交換できるよう仕様になっています。仮にこの特許のデザインが採用された場合、バンド部分のみの交換が簡単にできるのか気になります。続報に期待です。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧