「iPhone8」の専用ケースが公開に!?「iPhone7」とほぼ同じ大きさに!

iPhone発売10周年を記念して発売が予測されている「iPhone8」ですが、「ベゼルレスデザイン」の採用や「5.8インチ」の大型液晶を搭載などフルモデルチェンジになると予測されています。今回、「iPhone8」の専用ケースが公開されたのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

「iPhone8」専用ケースが公開に!?

 

新型「Touch ID」の搭載場所の情報が錯綜している次期「iPhone8」ですが、今回、Appleのリーク情報で定評のあるBenjamin Geskin氏が自身のTwitter上で、「iPhone8」の専用ケースと思われる画像をTweetしていることが判明しました。

 

 

今回Tweetされている「iPhone8」の専用ケースは、Foxconnからの情報をもとに作成されたサードパーティ製としています。上記の画像は、左から「iPhone7」・「iPhone8」・「iPhone7 Plus」の順になっています。「iPhone8」は、「5.8インチ」という「iPhone7 Plus」の「5.5インチ」より大きな液晶を搭載していますが、「ベゼルレスデザイン」の採用により、ほぼ「iPhone7」と大きさが同等であることが確認することができます。

また「iPhone8」はアスペクト比「18:9」と「iPhone7」の「16:9」より若干縦長になるとされており、今回の画像からも確認することができます。事前情報により、ほぼ「iPhone7」と同じ大きさの「iPhone8」は、「階層式」のバッテリーを搭載することで「iPhone7 Plus」と同等のバッテリーを搭載すると言われています。詳細は、「次期iPhone8は大型バッテリーを搭載か!?」をご参照下さい。

今回判明した専用ケースのサイズ感であれば、ほぼ小型モデルと同等のサイズと同じであり、さらに「iPhone8」は表裏面のガラスに「2.5D」加工が施されており、緩やかなカーブをしています。このことからも、非常に持ちやすい機種になると考えられます。しかしながら、「iPhone8」は「ファンクションエリア」を搭載するといわれており、実質ユーザーが使える画面サイズは「5.15インチ」程度になるとされています。詳細は、「次期「iPhone8」の新たなレンダリング画像が公開!新機能「ファンクションエリア」!」をご参照下さい。

実質の画面サイズが「5.15インチ」であると大型画面を好むユーザーの需要に対応しきれない可能性も考えられます。また今回の画像では、「Touch ID」の搭載場所を確認することができません。先日の情報では、「電源ボタン」に「Touch ID」が統合されるとしていましたが、今回のケースを確認する限りは「電源ボタン」部分においても従来と同じ仕様になっているように見えます。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧