• HOME
  • ブログ
  • iPad
  • [悲報]新型iPad Pro10.5インチモデルは「ベゼルレスデザイン」不採用の模様!

[悲報]新型iPad Pro10.5インチモデルは「ベゼルレスデザイン」不採用の模様!

WWDC2017において発表が予測されている新型「iPad Pro10.5インチ」モデルですが、事前情報では「ベゼルレスデザイン」を採用しフルモデルチェンジをはたすと予測されていました。しかしながら今回、新型「iPad Pro10.5インチ」モデルの新しい情報が入ったのでまとめたいと思います。WWDC2017については、「iPhone8の発表も!?WWCD2017開催前に必ず確認したい事前情報ベスト5」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

「ベゼルレスデザイン」が不採用か!?

 

先日の情報では、Apple認定の販売店に新型「iPad Pro10.5インチ」モデルの専用ケースが入荷するというものでした。詳細は、「「iPad Pro10.5インチ」モデルの専用ケース入荷が6月か!?WWDCでやはり発表か!?」をご参照下さい。さらに今回、9To5Macにより新型「iPad Pro10.5インチ」モデルの専用ケースのハンズオン動画を公開していることが判明しました。

上記の画像は、左から「iPad Pro9.7インチ」モデル本体、中央「iPad Pro9.7インチ」モデル専用ケース、そして最後に新型「iPad Pro10.5インチ」モデルの専用ケースという順になります。ちなみに今回公開されたケースは、「サードパーティ製」になります。上記の画像では多少分かりにくいのですが、背面のマイクの位置が「カメラ横」から「本体中央の上部」に移動していることを確認することができます。

また、今回公開されたサードパーティ製のケースがごついため詳細は判然としませんが、カメラ部分においての穴も従来と変更がないように見ることができます。事前情報では「垂直型」のカメラを搭載するとされていましたが、今回のケースを確認する限り大きなカメラの仕様の変更はないと見ることができます。

 

スポンサードリンク



 

具体的なサイズも!

 

今回の専用ケースから9To5Macは、新型「iPad Pro10.5インチ」モデルのサイズを予測しており、それが上記の画像になります。上記の画像により「257mm×179mm×6.4mm」となっています。ちなみに現行の「iPad Pro9.7インチ」モデルのサイズは、「240mm×169.5mm×6.1mm」となっていることから、単純に液晶サイズを大きくした分、本体サイズが大きくなっていることになります。

また予測されていた「ベゼルレスデザイン」は採用されず、物理式ホームボタンも採用されたままとされています。

 

 

上記のTweetは、Appleのリーク情報で有名なBenjamin Geskin氏によるもので、上下のベゼルは「19mm」でサイドのベゼルは「9mm」と現行モデルより僅かにすっきりとした印象になると考えられます。ただ事前情報では、新型「iPad Pro10.5インチ」モデルは、アクセサリー類を「iPad Pro9.7インチ」モデルと兼用できるようにするため本体サイズは変更されないとされていました。

今回の情報が正しければ、本体サイズが違うため、少なくとも「ケース類」はすべて買い直しになると考えたほうが無難です。ただ、WWDCが直近の状態でここまでの情報がでてくるということは、発表におおいに期待することができます。続報に期待しましょう。
スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧