「iPhone8」の「Touch ID」はXperiaと同じく電源ボタンに統合か!?

プレミアムモデルである「iPhone8」に搭載される新型「Touch ID」の搭載場所に関してかなり情報が錯綜しています。しかしながら、今回、「Touch ID」の搭載場所に関して新しい情報が入ったのでまとめたいと思います。「Touch ID」の搭載場所に関しては、「またもや「iPhone8」の設計図がリーク!はたして「Touch ID」の場所は!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

「Touch ID」は「電源ボタン」に統合か!?

 

先日、次期「iPhone7s」シリーズと「iPhone8」の金型を捉えた写真が、Appleのリーク情報で定評のあるBenjamin Geskin氏が自身のTwitter上でTweetしたことで判明しました。さらに、今回新たな写真が複数枚公開されており、長らく情報が錯綜している「Touch ID」の搭載場所が、「電源ボタン」になるとも報告しています。

 

 

従来の情報では、「Touch ID」の搭載場所は、「液晶に統合」もしくは「背面に移動」とされており今回の「電源ボタンに統合」という情報は初めてになります。多々リークしている設計図などから「iPhone8」の電源ボタンが大型化されていることは判明していましたが、なぜ大型化しているのかまでは判然としない状況でした。

しかし、今回の情報により「電源ボタン」が大型化されていた理由に納得が行きます。一方で、「電源ボタン」に統合される場合、「iPhone6s」以前と同様に、「物理式」の「Touch ID」に戻るということになるのか気になります。「iPhone7」シリーズでは、本体を防水仕様にするために「ホームボタン」が「物理式」から「感圧式」に変更されています。

しかしながら、「電源ボタン」に関しては、「iPhone6s」も「iPhone7」も「物理式」のままになっています。少なくとも表面的には「防水仕様」に変更したことによって、「電源ボタン」自体の仕様が変更されているとは確認できません。今回リークした金型の写真からは判断することはできませんが、「電源ボタン」に「Touch ID」が統合されるのであるなら新型「Touch ID」は、「物理式」に戻る可能性があるとも考えられます。

また、逆に言えば「電源ボタン」に仕様が変更になり「感圧式」に変更される可能性も考えられます。どちらにせよ個人的には「背面」への搭載はいただけなかったので「電源ボタン」に統合されるほうが歓迎です。続報に期待したいところです。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧