• HOME
  • ブログ
  • iPhone8
  • またもや「iPhone8」の設計図がリーク!はたして「Touch ID」の場所は!?

またもや「iPhone8」の設計図がリーク!はたして「Touch ID」の場所は!?

先日より、様々な設計図がリークして、情報が錯綜している次期「iPhone8」ですが、先日の情報では、最終確定版のデザインを採用したモックアップが公開されました。一方で今回は、新たな設計図がリークしたのでまとめたいと思います。先日のモックアップの詳細は、「確定デザインを採用した「iPhone8」のモックアップが登場!これなら買い!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

「Touch ID」の搭載場所は「背面」!?

 

次期「iPhone8」は発売が遅延すると予測されています。この遅延する理由の一つとして新型「Touch ID」の開発に難航しているからと言われています。詳細は、「iPhoneにより進化させた「Touch ID」を搭載か!?」をご参照下さい。事前情報において、新型「Touch ID」の搭載場所に関して3つの案があるとされています。

一つ目は、「液晶」に統合される。二つ目は、「背面」に搭載される。そして三つ目は、「Touch ID」が廃止され「顔認証」が搭載されると予測されております。さて今回、LEAKSが、次期「iPhone8」の新たな設計図を公開していることが判明しました。今回判明した設計図が上記の写真になります。

ただ今回の設計図が、いつの段階の設計図になるのか判然としません。事前情報より、Appleは次期「iPhone8」の複数のプロトタイプを開発していたと言われています。このことからも、複数あるプロトタイプあるうちの一つの設計図がリークしたにすぎないとも考えられます。先日リークした最終確定版のモックアップからは、「Touch ID」の場所の確認することはできません。

単純に、「Touch ID」が液晶に統合されているから確認できないのか、「Touch ID」の搭載場所以外は確定していて、その上でのモックアップなのか判然としません。ただ一つだけ言えるのは、今回の設計図のようにAppleは「iPhone8」のTouch IDの搭載場所の候補として、「背面」を考えている?もしくは考えていた?ことには間違いありません。

あくまでも個人的な感覚ですが、従来の国産スマホの多くは、指紋認証が「背面」に搭載されていて正直やりにくかったと思っています。そのぶん、指紋認証の精度の問題にもよりますが、「iPhone」のホームボタンに「Touch ID」が統合された時は、指紋認証の精度、そして認証のやりやすさに感動を覚えました。

今でさえ、ハイエンドモデルの多くは指紋認証機能を搭載しており、その多くは「背面」に搭載されています。だからこそ、技術的困難を乗り越えた上で、今更「背面」に搭載するのではなく、「液晶」に統合して欲しいと切に思います。続報に期待しましょう。
スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧