iPhone8の発表も!?WWCD2017開催前に必ず確認したい事前情報ベスト5

例年と比較すると、今年のWWCDは、新しい「ハード」が発表されると予測されており大きな注目を集めています。今回は、WWCDまでの期間が僅かになってきたので、必ず抑えたい事前情報をまとめたいと思います。

 

1、新しいOSが発表!

 

例年通り、WWCD2017も新しい「OS」が発表されると予測されており、今年は「iOS11」、「MacOS10.13」、「tvOS 10」、そして「watchOS 4」が発表されると予測されています。その中の事前情報で注目すべきことの一つは、「Apple TV」が「Amazon・プライム・ビデオ」に対応することが予測されています。詳細は、「WWCD2017でApple TVが「Amazon プライム・ビデオ」に対応か!?」をご参照下さい。

また、イベント直後から「iOS11」などのパブリックβ版の配信も開始されると考えられます。「iOS11」のβ版など本配信前なのでバグがある可能性もありますが、興味ある方は「Apple Beta Software Program」に登録してみてください。

 

スポンサードリンク



 

2、新型「iPad Pro」の発表か!?

 

今年の3月に発表が予測されていた新型「iPad Pro」ですが、実際は、サイレントアップデートしか行われず、発表されたのは「エントリーモデル」にあたる「iPad」のみでした。「iPad Pro12.9インチ」モデルは、「2015年10月」に発表されて以来、「iPad Pro9.7インチ」モデルに関しては、「2016年3月」に発表されて以来アップデートが行われていません。

今回発表が予測されている新型「iPad Pro」は、順当にアップデートを果たされる「iPad Pro12.9インチ」モデルと、物理式「ホームボタン」を廃止し、ベゼルレスデザインを採用した全く新しいデザインを採用した「iPad Pro10.5インチ」モデルが登場すると予測されています。詳細は、「「iPad Pro10.5インチ」モデルの専用ケース入荷が6月か!?WWDCでやはり発表か!?」をご参照下さい。

ただ、物理式「ホームボタン」の廃止や、ベゼルレスデザインの採用など次期「iPhone8」に採用される特徴と予測されています。Appleにとって主力製品は間違いなく「iPhone」です。発売10周年を記念したプレミアムモデルである「iPhone8」の特徴となる「ベゼルレスデザイン」が、先に新型「iPad Pro」に採用され、発表・発売される可能性は低いのではないかという予測もあります。先に新型「iPad Pro」に採用してしまうと、「iPhone8」のインパクトがかけてしまうということが考えられますからね。

 

3、「Siri Speaker」の登場か!?

 

Amazonから発売されている「Amazon Echo」や、先日発表された「Google Home」などに対抗した製品として発表が期待されているのが「Siri Speaker」です。使い用途に関しては、「Amazon Echo」と同様になると予測されています。詳細な仕様を明らかになっていませんが、音声アシスタントシステムである「Siri」をメインとし、小型の「ディスプレイ」を搭載、さらに本体全体が「スピーカー」になっているため「メッシュ」上になっていると予測されています。詳細は、「「Amazon Echo」の対抗策!「Siri Speaker」の設計が完了か!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

4、新型「MacBook」シリーズを発表か!?

 

今月上旬にMicrosoftは「Surface Laptop」を発表し、今月の下旬には「Surface Pro5」を発表すると予測されています。特に「Surface Laptop」は、学生つまり「教育市場」を強く意識した製品となっています。このことからもApple対抗策として、モバイル性に特化した「MacBook Air」や「MacBook」、さらに昨年末に発売を開始した「MacBook Pro」をアップデートすると予測されています。詳細は、「WWCD2017で新型「MacBook」シリーズを発表か!?「MacBook Air」は存命かも!?」をご参照下さい。

以前までは、WWCD開催時にMacシリーズをアップデートする機会が多かったため、今回発表されれば、WWCDでのアップデートは久しぶりとなります。また、正直終売になると予測されていた「MacBook Air」が今回アップデートされるという情報には驚きました。

 

5、まさかの「iPhone SE2」が発表か!?

 

人気を博した「iPhone5」シリーズのデザインを採用し、中身は「iPhone6s」シリーズと同じと、発表当初は最先端のスペックを搭載したコンパクトモデルである「iPhone SE」ですが、発売されてから1年以上経過しますがアップデートは行われていません。一方で、突如「iPhone SE2」のバックパネルを捉えたとされる画像が先日リークしました。詳細は、「まさかのWWCDで発表か!?次期「iPhone SE2」!?」をご参照下さい。

エントリーモデルとして価格も抑えめの「iPhone SE」は、本体の持ちやすと相成って非常に人気がある機種です。しかしながら3月のサイレントアップデートでは容量構成に変更があったのみで、アップデートは行われませんでしたので、新型「iPhone SE」の登場には期待したいところです。

 

6、おまけ

 

「iPhone 」発売10周年を記念したプレミアムモデルである「iPhone8」は、多くの事前情報により発表が「9月」発売が「10月頃」になると予測されています。一方で一部のアナリストは、発表自体は「WWCD」の時に行われると予測しています。詳細は、「6月に開催されるWWCD2017で次期「iPhone8」が発表か!?」をご参照下さい。

発表自体を例年の9月に行うのではなく、「6月」に行うことで他社スマートフォンへの乗り換えをけん制する目的があるとされています。さすがに信憑性はあまり高くありませんが、予測通り発表されたらかなりのサプライズになります。

 

最後に

WWCD2017が開催される前に確認してほしい事前情報をまとめてみました。これらの事前情報が的中すれば、今年のWWCDは大量に新しい「ハード」が発表されることになります。WWCD2017が開催されるまであとわずかになってきました。開催されるのを楽しみに待ちたいと思います。

 

LNEでも記事更新通知をしています。よければお友達登録して下さい。

友だち追加

 

スポンサードリンク



 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧