レビューが公開に!「Xperia XZ premium」は最高のXperiaに間違いなし!(前編)

日本はもちろん、海外においても発売されていない「Xperia XZ premium」のレビュー記事が早くも公開されました。今回は、一足先に海外で公開されたレビュー記事についてまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

「デザイン」は「Xperia Z5 premium」より、多く洗練されている!

 

「Xperia Z5 premium」以来の「4K」に対応ということで、「Xperia XZ」のアップデート版というよりは、「Xperia Z5 premium」の後継機種としての印象が強い「Xperia XZ premium」ですが、今回、GSM Arenaによって、レビュー記事が公開されたので、その一部を紹介したいと思います。

持ったときの最初の印象としては、重さ「195g」となっているため、やはり「重い」という印象でありながら、決して「持ちにくい」という印象にはならないとされています。「持ちやすさ」の要因としては、側面の「ループ」形状だと考えられます。側面の素材に関しては、「ポリカーカーボネート」を採用していますが、リア、そしてフロントのガラスとシームレスになるように研磨されているため、決して「安い」感じはしなく、むしろ「高級感」があるとされています。

また、「リア」と「フロント」においては、「Gorilla Glass 5」を採用していますが、本体の上下部分のシャーシにおいて、「金属」を採用しているため、「堅牢性」にも優れています。また上下のシャーシ部分においても「ダイヤモンドカット」が施されていることで、「高級感」がさらにひきたつデザインに仕上げられています。

本体のカラーにおいては、やはり指紋が目立つとしていますが、それ以上に、鏡面仕上げのクロムカラーは所有欲・満足感が高いとしています。ただ、今回のレビューが、アメリカ版となっていることから「指紋認証」が無効化されているのは非常に残念としています。「Xperia X5 premium」との比較は、「「Xperia Z5 premium」の後継機種に最適!「Xperia XZ premium」との比較画像が公開!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

液晶は「4K HDR」に対応!しかしコンテンツ不足!

 

「Xperia XZ premium」は、世界初となる「4K HDR」に対応していますが、上記の写真のように、「Xperia Z5 premium」と比較しない限り、その差に気づくことは難しいとしています。ただ、両者を比較してみると、写真ではわかりづらいですが、明らかに「Xperia XZ premium」のほうが、色彩が豊かに表現されているとしています。

また、「4K」という表示解像度に対しても、小型のディスプレイを搭載するスマートフォンにおいては、多少やりすぎ感を否めず、「Galaxy S8」や他のハイエンドモデルの多くが対応している「QHD」の表示解像度とも見分けることが困難だとしています。

現時点で、特にモバイル対応している環境はまだまだ整備されていませんが、私たちの日常においては、まず「YouTube」が「4K」表示に対応しています。一方で、「HDR」には対応していないとやはりその機能を最大限生かす環境はないです。しかしながら、「Amazon」や「Netflix」が「HDR」のストリーミングサービスコンテンツを提供していることを考えれば、そう遠く未来に、より「4K HDR」が広く浸透するとも考えらます。

表示解像度に関しては、最高クラスの液晶ですが、日常使う上では、特に屋外での使用が気になるところです。「Xperia Z5 premium」より大幅に「コントラスト比」が改善していると判明しており、特に「日光が強い」という環境下では、まだまだ改善の余地があるとしながら、大幅に見やすくなったとしています。

以前は、「アルバム」や「写真」などのアプリのみで表示されていた「4k」表示も、「ホームスクリーン」や「サードパーティ製のアプリ」にも対応しているとされており、さらに、よりクリエイターのニーズに応えるために「sRGB」の設定を変更できる使用になっているようです。より詳細な情報は、「朗報!?悲報!?Xperia XZ premiumの表示画質は常に4Kか!?」をご参照下さい。

 

バッテリーテストは良好!ただそこまで良くもない!

 

GSM Arenaは、「Xperia XZ premium」のバッテリーテストの結果の公開しています。上記の画像のように、「Web検索」においては「約10時間」程度で底をつきるとしていますが、「Quick Charge 3.0」に対応していることは大きなポイントの一つであり、電池残量が「42%」から約「30分」充電するだけで充電が完了するとしています。

また、テスト動画を、バッテリー残量が「10%」になるまでループ再生をするテストにおいては、「8時間」の持続したとしていますが、その他のライバル機種と比較すると、決していいほうではないと評価しています。

ただ、「Xperia Z5 premium」と比較すると、バッテリー容量が「200mAh」減少していることが懸念されていましたが、「snapdragon835」を搭載していることで、より消費電力効率が改善しており、総合的に判断すれば「電池持ち」がいいと評価しています。バッテリーテストに関しては、「Xperia XZ premium」のバッテリーテストの結果が公開に!「4K」で大丈夫!?をご参照下さい。

 

最後に

今回は、GSM Arenaによって公開されたレビュー記事の一部を紹介させて頂きました。簡単にまとめると「デザイン」は完璧、「4K」は時代がまだ対応していない。バッテリーは「良い」という感じです。やはり、日常使う上で、「デザイン」はかなり重要ですが、「Xperia XZ premium」はここをしっかり満たしてくれるのが大きいです。

また、「4K」とテレビにおいてはトレンドとなりつつありますが、スマートフォンにおいては、これからのものです。今の時点で「4K」さらに「HDR」に対応させることは、確かにそのスペックを享受するコンテンツは不足しているかもしれませんが、「SONY」らしく、尖った機能でかなり高評価できます。後編が完成したので、詳細は、「レビューが公開に!「Xperia XZ premium」は最高のXperiaに間違いなし!(後編)」をご参照下さい。

 

LINEでも記事更新通知を始めました。よければお友達登録して下さい。

友だち追加

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ついに発表!Xperia XZ premiumの魅力!

  2. 「Xperia XZ1」シリーズの最上位機種は「Xperia XZ p…

  3. 朗報!「au」の通信速度は大幅に強化!「Xperia XZ premi…

  4. また不具合!?「Xperia XZ premium」で今度は心霊写真が…

  5. オーストリアの「Xperia XZ premium」の予約特典はPS4…

  6. やはり日本人はまめ。「Xperia XZ premium」のカメラの歪…

  7. 「Xperia XZ premium」のレッドモデルは「7月下旬」に発…

  8. 台湾での「Xperia XZ premium」の価格が判明か!?早期購…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA