• HOME
  • ブログ
  • iPhone8
  • 予約しても年内の入手は難しいかも!?iPhone8は史上最悪の在庫不足に!?

予約しても年内の入手は難しいかも!?iPhone8は史上最悪の在庫不足に!?

次期「iPhone8」は魅力的な新しい機能を搭載するといわれています。しかし、これら新しい機能の搭載によって、生産が大幅に遅れているという情報もあります。今回、次期「iPhone8」の生産状況に関する情報が入ったのでまとめたいと思います。事前情報の詳細は、「次期「iPhone8」まで発売が遅延か!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

過去最低の品不足状態に!?

 

今回、MacRumorsによると、Apple関連のリーク情報で定評のあるKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏は、投資家向けのレポートで、次期「iPhone8」は、発売後、数ヶ月以内に入手することは非常に困難であると報告していることが判明したとしています。例年、発表が9月に対して、遅くても8月から大量生産を開始していますが、次期「iPhone8」の大量生産は、下手をすると「10月〜11月」から大量生産を開始すると予測されています。

冒頭でも述べましたが、今回の生産遅れの原因となっているのは、まず「Touch ID」の生産状態が非常に芳しくないからです。Appleとして、ディスプレイに統合しようとしていますが、開発・製造が非常に困難な状態になっているようです。先日より、様々な「設計図」や「レンダリング画像」が公開されていますが、「Touch ID」の場所に関しては一貫性がありません。詳細は、「また新たな次期「iPhone8」の図面がリーク!また「Touch ID」の場所が違う。」をご参照下さい。

一方で、Appleは、「Touch ID」を背面に移す可能性もあれば、「Touch ID」そのものを廃止するとも予測されています。次に、生産を遅らせている理由としては、「顔認証」システムや、AR機能に必要とされている「3Dセンサー」だと予測されています。

サプライヤーの話からも、「3Dセンサー」が本格に出荷を開始するのは、2018年以降になるとも言われています。この3Dセンサーが、搭載されないという情報はほとんどでてきていないですが、生産効率が悪い現状を改善できない限り、年内どころか、ずっと在庫状況が改善しないことも懸念されます。

例年のiPhoneは、発売当初は、深刻な品不足になり、基本年内は在庫が不安定な状態ですが、次期「iPhone8」は大量生産開始の時期を考えても年内に購入できるのは、非常に難しいと考えられます。また、今年発売される新型「iPhone」の中で、やはり「iPhone8」に人気が集中するとも言われており、「予約」することは必須ですが、予約しても入手するのは非常に困難だと予測されます。生産状況が改善するのを切に祈りたいところです。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧