iPad Pro用「Smart Keyboard」に不具合が発生!保証は!?

Appleは、「iPad」と「MacBook」を融合させることはないと発言していますが、競合他社を強く意識した「iPad Pro」を2015年末に発売しました。従来の「iPad」との違いは、専用アクセサリーが存在しており、アクセサリーを併用することで、「パソコン」のような使い方ができることです。今回、専用アクセサリーの一つである「Smart Keyboard」に不具合が発生したことが判明したのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

「Smart Keyboard」に不具合が発生!

 

今年の3月に新型の「iPad Pro」が発表されると予測されていましたが、残念ながら発表されることはありませんでした。一方で、新型の「iPad」の発表に合わせて、次期「Apple Pencil」と「Smart Keyboard」が発表されると予測されています。次期「Smart Keyboard」の詳細は、「次期iPad Pro用の「Smart Keyboard」はディスプレイを搭載か!?」をご参照ください。

次期「Apple Pencil」や「Smart Keyboard」が発表されていない以上、現行モデルに頑張ってもらわなければいけないのですが、今回、MacRumorsによると、「Smart Keyboard」に不具合が発生し、Appleが「機能上の問題」が発生することを通知する文書をApple Storeと正規サービスプロバイダに配付したと報告しています。

今回の報告によると、「Smart Keyboard」の不具合は、「12.9インチ」用と「9.7インチ」用のどちらにおいても発生しているとされています。また、不具合の内容としては、特定のキーが「動かなくなる」、「キーが押されたままの状態」になる。

この不具合は、「Smart Connector」が原因となっている可能性があると考えられますが、詳細に関しては判然としない状態です。Appleは、今回の不具合に対して、「購入後3年以内」の製品を「無償修理」対応するとしています。

つまり、「12.9インチ」モデル用の「Smart Keyboard」が発売されたのが、「2015年末」であることを考えれば、現行で発売されているすべての「Smart Keyboard」が無償保証の対象製品となることです。

iFixitの分解レポートによれば、「Smart Keyboard」の修理は不可能としており、万が一不具合が発生した場合、すぐに「Apple Store」か「正規プロバイダー」で対応してもらったほうがよさそうです。

発売が開始して、約2年経過しますが、今まで不具合の報告はほとんど聞き覚えがありません。Smart Keyboardの内部の特殊な「ファブリック素材」が経年劣化で不具合を起こしているとも考えられます。

このような不具合が起きたことを考えれば、次期「Smart Keyboard」の材質は変更される可能性もあると考えられます。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧