• HOME
  • ブログ
  • Mac
  • 「MacBook」と「iPad」がついに融合!?コンセプト画像が公開に!

「MacBook」と「iPad」がついに融合!?コンセプト画像が公開に!

ここ近年の「iOS」と「macOS」は、より互いがシームレスになっており、似てきているところが多々あります。ただ、OSが違いに近づいてきても「ハード」が融合することは今までありませんでした。しかし、今回、多くのユーザーが待望している「iPad」と「MacBook」が融合したコンセプト画像が公開されたのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

「iPad」と「MacBook」が融合!?

 

先日公開された特許によると、Appleは、「iPad Pro」用の「Smart keyboard」に「ディスプレイ」を搭載させようとしていることが判明しています。詳細は、「次期iPad Pro用の「Smart Keyboard」はディスプレイを搭載か!?」をご参照下さい。今回、Yanko Designによって公開された「コンセプト画像」は、まさに先日公開された特許の「Mac版」です。

Appleは、「MacBook」と「iPad」をハード的に融合させることはないと発言しています。この発言通りに、他社のパソコンが「2 in 1」タイプの機種を様々発売していますが、Appleは依然として、「2in1」タイプの機種は発売していません。

しかし、中和策として、「iPad Pro」の登場や、「MacBook Pro」の「Touch Bar」搭載などが挙げられます。このことからも、今回のコンセプト画像のように、「MacBook」の「キーボード部分」を「ディスプレイ」に変更することは十分に考えられます。

 

 

また、今回のコンセプト画像では、「セカンドディスプレイ」のほうが、「Apple Pencil」に対応していることになっています。Appleが、「Mac」に「タッチパネル」を搭載することはないと発言していることから、従来の「液晶」部分に「タッチパネル」を搭載することは考え難いですが、「キーボード」部分は別の話ですよね。

ただ、「キーボード」部分を、「タッチパネル」に変更した場合、やはりきになるのは、「キーボード」として「タイピング」するときの「打感」です。現行の「MacBook」や「MacBook Pro」に搭載されている「バタフライ構造」のキーボードは、ユーザーの評判が両極端です。

しかし、タッチパネルにした場合、「打感」は完全になくなってしまいます。特許が申請されていることから、Appleは、技術的に開発していると考えられます。もし、製品化された場合、Appleが、「打感」の部分をどのように対策してくるのか非常に楽しみです。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧