• HOME
  • ブログ
  • iPhone8
  • 次期「iPhone8」の新たなレンダリング画像が公開!新機能「ファンクションエリア」!

次期「iPhone8」の新たなレンダリング画像が公開!新機能「ファンクションエリア」!

最近、リークしている次期「iPhone8」の設計図が多いため、それに関したレンダリング画像も度々公開されています。今回また新たに完成度の高いレンダリング画像が公開されたのでまとめたいと思います。前回のレンダリング画像の詳細は、「リークした「iPhone8」の設計図を忠実に再現したレンダリング画像が公開!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

新たなレンダリング画像が公開に!

 

次期「iPhone8」は現行モデルである「iPhone7」と同等程度の大きさで、「5.8インチ」と大型の液晶を搭載するといわれています。この「5.8インチ」すべてを表示画面として使用するのではなく、画面下部のほうに「ファンクションエリア」という表示スペースを設けることで、実際の表示画面は、「5.15インチ」になると言われています。

今回、9to5Macによると、iDropNewsが噂されている「ファンクションエリア」に焦点をあてたレンダリング画像を公開したことを報告しています。「ファンクションエリア」とは、簡単に言えば、新型「MacBook Pro」に搭載されている「Touch Bar」のような動的表示スペースです。

 

 

例えば、「ロック画面」においては、「Touch ID」を表示し、「MUSIC」アプリ使用時においては、「再生」ボタンや、「曲名」などを表示しています。ユーザーが使っている「アプリ」や「画面」に合わせて、ファンクションエリアは動的に変化すると言われています。

「Android」においては、画面下部に「ホームボタン」や「戻る」ボタンが表示されいてる機種も多々ありました。これと同じようなイメージと考えたほうが分かりやすいかもしれません。

 

スポンサードリンク



 

 

ただ、大幅なベゼルレスデザインを採用することによって、液晶サイズを大きくするといわれている次期「iPhone8」において、予測通り、実際使える液晶サイズが「5.15インチ」であれば、大きな液晶を好むユーザーにとっては、大きなマイナスポイントであるとも言えます。

次期「iPhone8」に関して、現行の「iPhone7」と「iPhone7 Plus」のように液晶サイズに合わせて2つのモデルに分かれているわけではなく、「5.8インチ」の1モデル構成になると言われています。このことからも、実際に「ファンクションエリア」が搭載されるかどうか判然としませんが、大型液晶を好むユーザーにとって、次期「iPhone8」は機種変更の選択肢からはずれることもおおいに予測されます。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧