次期「Apple Watch series3」に「Touch ID」を搭載か!?

今年の後半に発表が予測されている次期「Apple Watch series3」ですが、現行の「Apple Watch series2」のマイナーアップデートではなく、よりユーザビリティを強化したモデルになりそうです。今回、また、新たに「Apple Watch series3」の情報が入ったのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

「Apple Watch series3」は「Touch ID」に対応か!?

 

次期「Apple Watch series3」は、「LTE接続」に対応されると予測され、大きな注目を集めていました。詳細は、「やはり次期「Apple Watch series3」にWi-Fi Cellularモデルが追加か!?」をご参照下さい。しかし、次期「Apple Watch series3」は注目すべき新機能を搭載しそうです。

今回、International Business Timesによると、次期「Apple Watch series3」は、「Touch ID」を搭載する可能性が高いと報告しています。今年の2月にAppleは、ディスプレイ表面の赤外線ダイオードを検知する特許を申請していたことが判明し、この「赤外線ダイオード」は、先日から噂されている「micro LED」と合わせて使うためとみられています。

「micro LED」は、「OLED」の次世代ディスプレイとされており、より薄く、より綺麗に、より安くすることができるとして注目されています。「micro LED」の詳細については、「Appleは、独自開発のディスプレイを開発中か!?SAMSUNGに大打撃!?」をご参照下さい。

この「micro LED」に「赤外線ダイオード」を検知できるようにするということは、「ディスプレイ」自体が「指紋」を認証することができる、つまり「Touch ID」が搭載されるとされています。今年後半に発表される「iPhone8」は、「OLED」に「Touch ID」を組み込むことに非常に苦戦していると報じられています。

だからこそ、Appleは、次期「Apple Watch series3」で、まず「micro LED」を搭載し、「Touch ID」を統合したディスプレイを先行的に試してみるとも考えられます。「Apple Watch series3」でのデータをもとに、後の「iPhone」シリーズに搭載されていくのではないかとも考えられます。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧