次期「Galaxy S9」に搭載される「snapdragon840」の開発に着手か!?

今年、最新CPUである「snapdragon835」を搭載したハイエンドモデルのスマートフォンが、「Galaxy S8」シリーズを筆頭に発売が開始されています。今年のハイエンドモデルに関しては、「snapdragon835 Pro」が登場すると言われてますが、基本は、「snapdragon835」がメインとなると思われます。今回、次期「snapdragon」についての情報が入ったのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

次期「snapdragon」は「840」か!?

 

クアルコムが開発した最新CPUである「snapdragon835」のメインサプライヤーは「SAMSUNG」です。今回、Aju Business Dailyによると、次期「Galaxy S9」に搭載されると予測される「snapdragon840」の開発に「SAMSUNG」と「クアルコム」が着手したと報告しています。

ここ近年の「snapdragon」の命名規則は、Snapdragon「 800 」→「 801」 → 「805 」→ 「810 」→ 「820」 → 「821 」→ 「835」となっていることから、「snapdragon840」となる可能性が考えられます。ただ一部例外「snapdragon808」などもあったことから、命名規則が読みきれないのも事実です。

今回の「Galaxy S8」シリーズのように、「SAMSUNG」が生産することによって、自社製品に優先的に在庫を回す状態になれば、やはりSAMSUNGの今後の開発・生産状況が少なくとも心配になります。今回の「snapdragon835」に関しては生産状況が芳しくなく、「Xperia XZ premium」をはじめとした競合他社のスマートフォンの発売に影響を与えているとも言われています。

今回の情報では、「snapdragon840」の開発に着手した程度の情報で、詳細なスペックに関しては分かっていません。しかし、「snapdragon」は、「CPU」というより、「プラットフォーム」という立ち位置に変化もしてきています。このことからも、フルモデルチェンジを果たし、「800番台」でもない可能性があります。続報に期待したいところです。

一方で、「Galaxy S9」に関しては情報がリークし始めました。詳細は、「SAMSUNGが早くも「Galaxy S9」の開発に着手か!?をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧