驚愕の割引額!初代「Apple Watch Edition」のセールが開催中!

2016年の9月に発表された、「Apple Watch series2」ですが、それに伴い、販売が終了したのが初代「Apple Watch」です。今回、今はライナップから姿を消した初代「Apple Watch Edition」が大幅な値引きセールを行っているのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

「伊勢丹」で大幅な値引きセールを実施!

 

初代「Apple Watch」は、「Apple Watch series2」と比較すると、「高級時計」の側面が強く、その代表格としてラインナップされていたのが「Apple Watch Edition」でした。今回、「Apple Watch Edition」が伊勢丹のオンラインショップでセール商品として販売されていることが判明しました。

「Apple Watch Edition」は、「18k」が使われており、とにかく金額が高く、特に高いモデルは、「200万円」を超えていました。発表当初は、ほとんんど売れることがないと思われていましたが、中国の「Apple オンラインショップ」で予約を開始した時は、人気が殺到して集中して、一瞬で完売したくらい勢いがありました。

しかし、この勢いは、ほんの一握りで、ほとんどの店舗で不良在庫になっているみたいです。伊勢丹においてもその1例であり、「38mm 18Kローズゴールドケースとローズグレイモダンバックル」モデルが、今回のセールで「164万」値引きで「70万6320円」となっています。

安くても、「100万円」を超えるモデルが多数であった「Apple Watch Edition」が最大で「70%」割引のセールとなっており、「50万」前後から購入できるようになっています。とは言っても、「50万」でも十分高いですよね。

初代「Apple Watch Edition」を購入するメリットは、まさに材質に「18K」が採用されているかどうかに限ります。「Apple Watch series2」のように、「Apple Pay」に対応しておらず、「GPS」も搭載されておらず、「電池持ち」もあまり良くない。

極端な言い方をしてしまえば、ガジェットとして考慮すれば「実用性」がなく、逆に「実用性」があるモデルは、10分の1くらいの価格で購入できるという皮肉な状況になっています。いくら大幅な割引とはなっているとはいえ、本当に売れるのか今後の動向は要チェックです。

でも、今年に発表される予測されている「Apple Watch series3」が発売されるまでに完売できなかったら、もっと割引になるかもしれませんよね。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧