次期「Galaxy Note8」は「Xperia XZ premium」以上の4Kディスプレイ搭載か!?

i先日の情報では、「Galaxy S9」の開発チームがディスプレイの開発に着手したと報告されていましたが、今回は、今年のIFAで発表されることが予測されている「Galaxy Note8」のディスプレイに関して新たな情報が入ったのでまとめたいと思います。「Galaxy S9」の詳細は、「SAMSUNGが早くも「Galaxy S9」の開発に着手か!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

「Galaxy Note8」に搭載される「ディスプレイ」の詳細が!?

 

先日の情報で、次期「Galaxy Note8」のスペックについてリークしました。詳細は、「「Galaxy Note8」の詳細なスペックと設計図がリーク!」をご参照下さい。そして、今回、Phone Arenaによると、SAMSUNGは、「800ppi」を越える第7世代の「有機ELディスプレイ」の生産に着手するだろうと伝えています。

このことからも、この第7世代の有機ELディスプレイは、「Galaxy Note8」に搭載されると見られています。第7世代の「有機ELディスプレイ」は、より高画質な表示と、より消費電力効率に優れているそうです。

「Galaxy Note8」は、「Galaxy S8」シリーズに採用されているアスペクト比「18:9」の「インフィニティディスプレイ」を搭載し、液晶サイズは、「6.4インチ」となると予測されています。このことからも、「Galaxy Note8」に搭載された場合、「4428 X 2160」の「770ppi」の表示解像度になるのではないかと報告しています。

「Galaxy S8」シリーズでは、物理ボタンを廃止した代わりに、画面下部に「ホームボタン」がオンスクリーンで表示されるようになっています。このことからも、実際にユーザーが使えるスクリーンサイズは、「6.4インチ」になることはなく、今回の表示解像度になるのではないのかと報告しています。

さらに、4Kディスプレイを採用することで、最大に懸念されることは、「バッテリー」の持続時間です。現行で唯一「4K」ディスプレイを搭載した機種を発売しているのはSONYですが、「Xperia Z5 premium」、「Xperia XZ premium」共に、通常時の表示解像度は、「フルHD」になっており、動画や写真を閲覧をする時が「4K」表示になるようにしています。

SONYが、公式に発言している通り、常に「4K」表示をしていのは、「バッテリー」とのバランスをとるためです。SAMSUNGが「Galaxy Note8」のバッテリーをどのように対応してくるのか今後の動向に期待したいところです。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧