「iPhone8」の量産開始時期が判明か!?発売日は遅れそう!

先日より、「設計図」などリーク情報が多くなってきましたが、一方で、開発・生産状況に関しては、不安な情報も多々入ってきています。今回、「iPhone8」の量産開始時期に関する情報が入ったのでまとめたいと思います。「設計図」のリーク情報は、「また新たな次期「iPhone8」の図面がリーク!また「Touch ID」の場所が違う。」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

「iPhone8」の量産開始時期は年末か!?

 

9to5Macによると、Appleの情報に精通しているKGI証券のアナリストである Ming-Chi Kuo氏によると、次期「iPhone8」の大量生産を開始する時期は、今年の「10月から11月」頃になるだろうと報告しています。この生産時期開始の遅れについて、次期「iPhone8」に搭載されるいくつかの最新コンポーネントが原因になるとも報告しています。

一方で、今年の9月に発表されるとしているマイナーアップデート版の「iPhone7s」シリーズに関しては、例年通りのタイムスケジュールで動き、特段遅れることなどはないとも報告しています。次期「iPhone8」は、「3Dカメラ」や新しい「Touch ID搭載型の液晶」などが搭載されると言われていますが、これらのコンポーネントが発売時期が遅延する最大の要因になっています。

また、この「iPhone8」の発売時期の遅延と、発売直後の深刻な在庫不足状態によって、Appleの2017年においての「iPhone」総出荷台数のブレーキになりかねないとも報告しています。仮に11月に発売した場合、年内に入手することはまず困難だと予測されます。

ここ最近は、「iPhone8」に関して、発売時期が遅延するという情報は非常に多く、遅延する原因に多少の差異があったとしても、ほぼ発売時期が遅延すると考えて間違いなさそうです。一方で、あまり詳細な情報がリークしてこない「iPhone7s」シリーズですが、どのような端末になるかも非常に楽しみです。

現時点での情報では、「ワイヤレス充電」に対応することと、液晶は、「有機ELディスプレイ」ではなく、従来の液晶を採用しているということくらいしか判明していません。あまりハイスペックな機種に興味がないユーザーにとっては、「iPhone7S」シリーズは非常に魅力的な選択肢になると思いますが、あくまでも「iPhone8」との価格差にもよると考えられます。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧