Appleは、独自開発のディスプレイを開発中か!?SAMSUNGに大打撃!?

次期「iPhone8」は、SAMSUNGの有機ELディスプレイを搭載すると言われています。一方で、今回の情報では、Appleは独自開発の「micro LED」を開発しており、次期デバイスに搭載するいう情報が入ったのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

独自開発の「micro LED」を開発中か!?

 

SAMSUNGは、今年、Appleより次期「iPhone8」に使用される「有機ELディスプレイ」の発注を獲得したとされています。また、今年発売される予定のハイエンドモデルに搭載される「有機ELディスプレイ」の多くがサプライヤーがSAMSUNGになるとも言われています。

少なくとも、SAMSUNGにとって大口顧客である、Appleが、今回、Business Koreaによると、独自開発の「micro LED」を開発しており、2019年以降のデバイスにはこの独自開発のディスプレイが搭載すると報告しています。

Appleは、「micro LED」の開発技術を持つ「LuxVue」を2104年に買収したとされています。また、今年の年末から、台湾の桃園で生産を開始するとも報告しています。ちなみに、この「micro LED」の特徴は、OLEDよりも製造コストが低く、表示が明るく、薄型軽量化が可能で、消費電力も少ないと言われています。

今回の情報により、Appleが独自開発の「micro LED」に切り替えた場合、打撃を受けるのは、「SAMSUNG」だけではなく、「LG」も打撃をうけるとされています。Business Koreaによると、まずiPhoneのディスプレイを「micro LED」に切り替えられた場合、1兆2,000億ウォン(約1,150億円)の売上が減少するだろうと報告しています。

また、「Apple Watch」のディスプレイのOLEDを独占供給している、「LG」も約2,300億ウォン(約220億円)の売上が減少することになると報告しています。今回の情報を考慮すると、Appleは、やはりサプライヤーへの依存度を下げているように見られます。

 

最後に

今回の情報により、2017年に登場する次期「iPhone8」に採用される各種技術は、ほんの序章にすぎないと思われます。2018年、そして2019年に登場する次期「iPhone」シリーズは、よりAppleの独自開発した各種技術を搭載し、よりAppleの理想とするiPhoneとなっている可能性が高いと考えられます。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧