• HOME
  • ブログ
  • iPhone8
  • リークした「iPhone8」の設計図を忠実に再現したレンダリング画像が公開!

リークした「iPhone8」の設計図を忠実に再現したレンダリング画像が公開!

先日より、プロトタイプの設計図が立て続けにリークしている次期「iPhone8」ですが、今回その、設計図を忠実に再現したレンダリング画像が公開されたのでまとめたいと思います。先日の情報の詳細は、「次期「iPhone8」の詳細な設計図がリーク!やはり背面に「Touch ID」が!?をご参加ください。

 

スポンサードリンク



 

忠実に再現されたレンダリング画像が公開!

 

先日リークした次期「iPhone8」と見られる設計図は、Apple関連の情報に精通しているSonny Dickson氏によって公開されましたが、今回、そのリークした設計図を、Instagramユーザーのbro.king氏が作成し、公開したと、MacRumorsが報告しています。

先日の設計図を忠実に再現しているため、やはり「Touch ID」が搭載されると思われる部分は、背面の「Appleロゴ」の丁度下あたりにあります。また、今回のレンダリング画像は、やはり一部の事前情報と異なり、背面の材質が「アルミ」のままで「ガラス」になっていないように見えます。

Appleが、次期「iPhone8」に「ガラス」を材質として採用する理由の一つに、「ワイヤレス充電」を採用するからだと言われています。「ワイヤレス充電」を採用するにあたって、電極及び、電波を通しづらい「アルミ」は採用しないと考えられます。また、2つ目の理由として、「カラー」によって生じる生産工程における「歩留り率」w改善するためと言われています。

このことからも、次期「iPhone8」は「材質」に「ガラス」が採用される可能性が高いと思われます。また、先日の情報では、ほぼデザインは確定したと見られています。詳細は、「ようやく次期「iPhone8」のデザインが確定か!?」をご参照下さい。

さらに、デザイン全体の雰囲気は、「iPhone4」や「iPhone4S」のように、前後のガラスをアルミのサイドフレームで挟んだ形になり、現行機種の「iPhone7」シリーズのようにサイド部分が、あまり湾曲しておらず、全体的にフラットな印象になると言われており、今回のレンダリング画像の雰囲気が、事前情報とある程度一致しているようにも参られます。

 

最後に

次期「iPhone8」の情報は、ここ最近特に多くリークしていますが、情報に統一性がなく、正直なところ、情報が錯綜しています。どの情報がどこまで信憑性が高いか判然としませんが、今の現状を楽しみながら続報に期待したいところです。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧