Appleがディズニーを買収する可能性が浮上!?

トランプ大統領の施策で、「大企業が海外に持つ資金をアメリカに還流させるべきだ」に対して、Appleが大きな動きをしている可能性がわかったのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

Appleがディズニーを買収か!?

 

Apple Insiderによると、RBCのアナリストである、 Amit Daryananiの投資家へのレポートによると、Appleが、ディズニーを買収する可能性があることを報告しています。また、今回Appleがディズニーを買収する際に、株価に40%のプレミアムを上乗せするため、その総額は、日本円で約「26兆円」にのぼると予測されています。

先ほども述べましたが、アメリカ大統領の方針で、「大企業が海外に持つ資金をアメリカ国内に還流させるべきだと」としており、Appleはこの方針に従う流れとなりそうだと予測されています。また、Appleが、海外に持つ資金は、「2300億ドル」程あると言われており、仮にこれら海外資金を回収した場合、そのままディズニー買収への資金となりそうです。

買収金額としては、とんでもない金額に感じられますが、Appleはディズニーを買収することで、金額以上にに大きなメリットを受けることができます。

もちろん、日本でもおなじみのディズニーリゾートに関連する製品、サービスの著作権及び肖像権に始まり、スポーツ専門チャンネル「ESPN」のスポーツコンテンツ、スターウォーズの特撮映像会社としてもしられる特撮スタジオ「Industrial Light & Magic」や、全米で放送されている「ABC」や、スティーブ・ジョブズが創業した、CGアニメ会社「Pixer」など、様々な「技術」・「コンテンツ」が手中に収まることになります。

Appleがディズニーを買収するという報道は、今回が初めてではなく、Amit Daryanani氏にも今回のレポート時に「可能性がゼロではない」と述べていることから、買収する可能性はなくはないが、直近の話ではないと考えれます。面白いことに、Appleが非常に低迷していた「1990年代」にディズニーが「Apple」を買収するかもしれないという情報がありました。

しかし、今とはなっては、「Apple」が世界でも有数の大企業となり、「ディズニー」を買収する可能性があるということからも立場が逆転したと考えられます。しかし、それ以上に、「Apple」の成長がそれだけ凄まじいと考えるべきかもしれません。

 

最後に

個人的には、「Apple」は「Apple」で、「ディズニー」は「ディズニー」であってほしいと思います。ディズニーも男性にしては好きなほうだと思いますが、少なくとも、「ディズニー」と「Apple」のコラボ製品などは正直見たくないと思います。

 

スポンサードリンク



 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧