早くも「iPhone8s」の情報が!?

今年の9月に発表が予測されているプレミアムモデルである次期「iPhone8」の話題でもちきりですが、今回、早くも2018年に発表が予測される次期「iPhone8s」の情報が入ったのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

「iPhone8s」に3D検知機能が搭載か!?

 

BGRによると、Needham & Co.のアナリストであるRajvindra Gill said氏によると、次期「iPhone8」に搭載が噂されている「3D検知機能」は、2018年の第2四半期にならないと出荷が開始されない。つまり、「iPhone8」に搭載されるのではなく、次期「iPhone8s」に搭載される可能性が高いと報告しています。

この「3D検知機能」は、Appleが以前より、集中的に開発を進めている「AR」や、新たな生体認証である「顔認証」システムのために搭載されると言われています。事前情報では、次期「iPhone8」の発売時期が遅延する理由の一つとして、「3Dセンサー」の開発・製造が遅れているからともありました。詳細は、「次期「iPhone8」はクリスマスまでに間に合うのか!?」をご参照下さい。

事前情報と、今回の情報を比較した場合、Appleが、「iPhone8」の発売時期をずらすことなく、むしろ機能そのものを搭載すること自体をしないということになります。

また、このことを裏付けるように、香港のスマートフォン組み立てを行なっているTruly International HoldingsのJames Wong氏も、同様の「3D検知機能」が、2018年下半期に中華製のスマートフォンに搭載されると発言しており、「3D検知機能」は、早くても2018年以降と考えたほうが無難かもしれません。

Appleは、今回情報として出た「3D検知機能」とは別に、新型の「Touch ID」の開発・製造にも苦戦しており、この新型「Touch ID」が原因で、「iPhone8」の発売時期が遅延するとも言われています。

今回の情報にしろ、前回の情報にしろ、大きな注目が集まっている次期「iPhone8」は、発売時期が年内ギリギリになるか、もしくは、例年と同様に、9月に発表・発売が行われ、発売直後は、在庫が極端に薄く、年内に入手するのが非常に困難状態であることが予測されます。

 

最後に

「3D検知機能」の搭載で、一番注目されているのは、やはり「AR」機能です。特に、個人的には、カメラ機能に「3D」機能を搭載した「3Dカメラ」が気になっていましたが、2018年まで待つしかないと思われます。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧