• HOME
  • ブログ
  • iPhone8
  • リークした設計図を元に新たな「iPhone8」のレンダリング画像が公開に!?

リークした設計図を元に新たな「iPhone8」のレンダリング画像が公開に!?

先日、今年の発表が予測されている次期「iPhone8」のプロトタイプの設計図がリークしましたが、今回リークした設計図とはまた違う新たなレンダリング画像が公開されたのでまとめたいと思います。先日リークした設計図の詳細は、「次期「iPhone8」の詳細な設計図がリーク!やはり背面に「Touch ID」が!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

新たなレンダリング画像が公開!

 

MacRumorsによると、中国では、iPhone関連の情報に精通しているKK低调氏が、次期「iPhone8」の新たなレンダリング画像を公開したことを報告しています。今回公開されたレンダリング画像が、上記の写真になります。

事前情報通り、「ベゼルレス」デザインになり、「ホームボタン」が廃止されているのも確認できます。また今回のレンダリング画像では、詳細なサイズまで記載されており、「137.5mm×67.5mm」となっております。このサイズは、現行モデル「iPhone7」の138.3mm×67.1mm」とほぼ同じサイズとなっています。

今回のレンダリング画像では、本体の「厚さ」に関しての記載はありません。しかし、液晶サイズの記載はあり「5,768」インチとなっており、噂されている「5.8インチ」とほぼ同じ大きさです。また、ベゼルの幅が四方同じで「4mm」と記載されています。

次期「iPhone8」は、「有機ELディスプレイ」を搭載し、また「2.5D」と現行モデルと同様に、僅かなカーブをしている液晶を搭載していると言われています。また、レンダリング画像を確認すると、本体上部に「3Dセンサー」らしきものと、「インカメラ」が搭載されているように見えます。

ただこの2つが液晶に統合されているかどうかまでは判然としませんが、一部の情報では、液晶に統合されるという情報もあります。また、「3Dセンサー」に関しては、次期モデルに搭載されないという情報もあります。詳細は、「早くも「iPhone8s」の情報が!?」をご参照下さい。

また、背面には、「垂直型」のデュアルレンズを搭載していることが確認できます。ただ、今回のレンダリング画像では、事前情報と異なり、「Touch ID」が液晶内に統合されています。詳細は、「次期「iPhone8」の「Touch ID」は背面に移動か!?」をご参照下さい。

 

最後に

今回のレンダリング画像は、直近の情報を元に作成されている可能性が高く、完成度も非常に高いと思われます。ただ、Appleは、次期「iPhone8」のプロトタイプが最終の2つまでには絞っているようですが、未だ確定できていないようです。ただ、少なくとも、実際に発売される「iPhone8」とそこまでの相違はないのではないとも考えられます。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧