次期「iPhone8」はRAMを「4GB」搭載するのか!?

今年後半に発表が期待されている次期「iPhone8」や現行のマイナーアップデートモデルである「iPhone7s」シリーズについて、新しくサプライヤーから情報が入ったのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

次期「iPhone」のRAMの容量が判明か!?

 

現行シリーズである「iPhone7」は「RAM」が「2GB」、「iPhone7 Plus」の「RAM」が「3GB」となっています。今回、MacRumorsによると、次期「iPhone」シリーズの搭載される「RAM」は「3GB」になると報告しています。今回の情報は、MacRumorsによると、Cowen and CompanyのアナリストであるTimothy Arcuri氏がサプライヤーを調査した結果における最新の情報だと報告しています。

このことから、プレミアムモデルとなる次期「iPhone8」は、「RAM」が「4GB」に増強されることがないと考えられます。一方で、「iPhone7」においては、現行モデルより増強される結果となります。未だ詳細な情報がありませんが、今年発表される「iPhone」は、CPUに「A11」チップを搭載することが予測されます。このことからも、次期「iPhone」シリーズは、「CPU」、「RAM」の面で考えれば、差がないと考えられます。

そうなると、「iPhone8」が、新機能を多数搭載することを考えれば、「iPhone7s」シリーズと比較すれば、多少なりとも挙動が不安定になったり、もたつきが発生する可能性も予測されます。

Timothy Arcuri氏は加えて、次期「iPhone」シリーズに、予測されている「USB-C」が採用されるのではなく、現行の「lightening」が継続して採用されるだろうとも報告しています。しかし、「急速充電」に対応しているかは、今回の報告では判然としません。

さらに、「iPhone7s」シリーズが「32GB/128GB/256GB」のストレージ容量を持つのに対して、「iPhone8」は「64GB/256GB」の容量構成になり、「iPhone8」は「バッテリーパック」を2つ搭載し、さらに電池持ちが改善されるとも報告しています。

 

最後に

今回、次期「iPhone」について、さらに詳しい情報がリークしました。しかし、例年であれば、各「パーツ」の写真がリークしている時期なのですが、今年は未だに写真のリークがありません。Appleがどこまで、次期iPhoneについて決定しているのか判然としませんが、少なくともタイトなスケジュールになっていることが考えられます。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧