次期「iPhone8」の「Touch ID」は背面に移動か!?

様々なプロトタイプが存在する、次期「iPhone8」ですが、Appleが「iPhone8」のデザイン及び機能に確定するのに時間がかかっている一方で、部品を生産するサプライヤーのほうも深刻な問題を抱えているようなのでまとめたいと思います。次期「iPhone8」のプロトタイプの詳細については、「[悲報」iPhone8の今までのリーク情報はプロトタイプの1つに過ぎない!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

「Touch ID」が大きな問題を抱えている!?

 

次期「iPhone8」は、物理式ホームボタンが廃止され、液晶内に統合されると言われています。また廃止に伴い、「Touch ID」も液晶内に統合されると言われています。今回、Apple Insaiderによると、Cowen and CompanyのTimothy Arcuri氏が、液晶内部に統合する新型の「Touch ID」の生産状況が著しく悪く、発売が遅延する可能性が非常に高いと報告していることを伝えました。

Appleの傘下である、AuthenTecが買収以降「Touch ID」のセンサーの開発に取り組んでいますが、今回も、生産状況が著しく悪い状態でも、他のサプライヤーに変更することはないと、Timothy Arcuri氏は報告しています。

また、次期「Touch ID」は、上記の写真のように従来のホームボタンが表示されるとされている画面下部の「ファンクションエリア」で行うとされている情報もありますが、一方で、画面全体のどこでも「認証」をさせることが可能になるという情報もあります。詳細は、「「iPhone8」に搭載される「Touch ID」は自動認証か!?」をご参照下さい。

この画面全体を通して、自動的に「指紋認証」をするように設計する場合は、技術的にも難しく、確かに生産状況が著しく悪いのも頷けます。しかし、ユーザーとしては、発売が延期されるのは頂けないです。また、Timothy Arcuriは、今回の問題を踏まえた上で、Appleが今後とりうる改善策を予測しているのでまとめたいと思います。

 

  • Touch IDによる指紋認証を廃止し、3Dセンサーによる顔認証に一本化。
  • ユーザーフレンドリーではないが、「Touch ID」を本体背面に搭載する。
  • 「iPhone7s」シリーズと同時に発表するが、発売時期はずらす。

 

以上の3点を予測しています。発売時期をずらすのが、一番妥当な対処法だと考えられます。事前情報では、「顔認証」システムを搭載するが、補佐的な役割として「Touch ID」を同時に搭載すると言われています。このことから、「顔認証」システムは、Appleが認める安定性、水準に達していないからこそ、「Touch ID」を残すと考えられています。

つまり、上記の「顔認証」システムのみを搭載するというのは正直考えにくいと思われます。また、今回Timothy Arcuri氏は否定していますが、「顔認証」システムのために搭載される「3Dセンサー」の製造の影響でも発売が遅れるとも言われています。詳細は、「次期「iPhone8」はクリスマスまでに間に合うのか!?」をご参照ください。

 

最後に

これらの情報が、どこまで正確かは判然としませんが、少なくとも最近のリーク情報は「発売遅延」に関するものが多いです。このことからも、9月に発表されたとしても在庫が落ち着くのは例年以上に遅くなる可能性が高いと考えられます。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧