悲報!「Galaxy S8」発売直後は「Bixby 」が使用できない!

先日開催された「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」の新機能の一つである音声アシスタントシステムである「Bixby」が、発売直後は使用することできないという情報が入ってきたのでまとめたいと思います。「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」の詳細は、「SAMSUNG「Galaxy S8」・「Galaxy S8+」の予約開始!価格も判明!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

音声アシスタントシステム「Bixby」が使用不可に!

 

Appleの「Siri」や、Googleの「Google Assistant」のように、SAMSUNGは独自開発である音声アシスタントシステム「Bixby」を、先日発表した「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」に搭載しました。

しかし、Sam Mobileによると、少なくともアメリカの発売日である「4月21日」までに、「Bixby」の準備ができていない。つまり、アメリカにおいて発売直後は、「Bixby」が使用できない状態になったまま発売されるということが判明したと報告しています。

今回、「Bixby」の対応が遅延している理由をSAMSUNGは公式には発表しておらず、詳細な理由は判然としません。しかし、先日開催されたアンパックで、「音声アシスタント」の便利さ、そして重要性を強く強調したにも関わらず、少なくともアメリカ、英語への対応が遅れているのは正直驚きです。

一方で、「Bixby」の初期対応言語の一つである「韓国語」において、「韓国」の発売日までに対応が間に合わないというような情報は現時点ではありません。しかし、逆の情報もないため、判然としません。

また、今回、アメリカでの対応が遅延されますが、逆にいつ対応を開始するのかも具体的には発表されておらず、「春頃」されているだけです。アメリカのユーザーにとっては、ちょっと残念な発売の仕方になってしまいますよね。

「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」は「Bixby」を起動するための物理ボタンが搭載されていることから、ハード的な問題は考えにくく、アメリカでの対応は、SAMSUNGからの「ソフトウェアアップデート」の配信を待つしかありません。

「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」は、発売直後に「Android7.1」が配信されるという情報もあります。もしかしたら「Android」との整合性の問題も考えられます。続報に期待したいところです。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧