次期「Google Pixel2」は「snapdragon835 Pro」を搭載か!?

Googleの新しいリファレンスモデルとして、2016年に登場した「Google Pixel」シリーズですが、今年になって次期モデルの情報が徐々にリークしてきています。今回、また新たなリーク情報が入ったのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

「snapdragon835 Pro」を搭載か!?

 

SlashGearによると、今年後半に発売が予測されている次期「Google Pixel2」は、現行の最新プロセッサーである「snapdragon835」の上位モデルである「snapdragon835 Pro」を搭載すると報告しています。「snapdragon835 Pro」をクアルコムに発表されたプロセッサーではなく、現時点では未確認のプロセッサーです。

しかし、SlashGearによれば、現行の「Google Pixel」シリーズが、「Snapdragon 821 Pro」を搭載していることからも、次期「Google Pixel2」も、「snapdragon835」の上位モデルを搭載する可能性が高いとしています。SlashGearは、今回の情報源を「匿名」にしているため、信憑性にややかけますが、例年のクアルコムの動向と、去年の「Google Pixel」シリーズの動向を踏まえて考えれば、あり得ない話ではないと考えられます。

 

スポンサードリンク



 

有機ELディスプレイを搭載か!?

 

また、ET Newsによると、次期「Google Pixel2」は、フレキシブルタイプの有機ELディスプレイを搭載すると報告しています。今回、Googleはディスプレイメーカーとして有名な「LG」 に対し「 1 兆ウォン」規模の投資を行う方針であることを明らかにしたと報告しています。

ET Newsによると、Google は LG における製造ラインの拡張で約 1 兆円を設備費用として投資する意向を明らかにしたとされております。しかし、現時点では「Google」と「LG」の取引は妥結に至ったわけではなく、あくまで交渉段階であるということです。また、今回の取引の条件も明らかにはなっていません。

Appleが、次期「iPhone8」のディスプレイを「SAMSUNG」に発注したとされています。だからこそ、Google は、「SAMSUNG」から「LG」にサプライヤーを変更することで、ディスプレイを安定的に調達しようとしていると考えられます。続報に期待したいところです。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧