Appleが「MagSafe」を再び復活させるのか!?

「USB-C」がMacBookに搭載されて以降、去年年末に発表された新型「MacBook Pro」にも採用され、現行のMacBookシリーズで採用されていないのは「MacBook Air」のみとなっています。MacBookの充電器として親しまれていた「MagSafe」が再び復活するかもしれないのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

「MagSafe」が復活か!?

 

Mashableによると、Appleは、MacBookから搭載された「USB-C」に対応する「MagSafe」のアクセサリーに関する特許が公開されたことを報告しています。上記の特許図を確認する限り、ポート部分に「MagSafe」の形をしているコネクターを差し込むようになっています。

また、充電コードのほうは、既存の「MagSafe」の充電規格と同形状をしていることが確認することができます。すでに、似たような製品が他社から発売されていますが、Appleの「純正アクセサリー」として登場することが期待されています。

また、電圧の問題もありますが、既存の「MagSafe」が、今回判明したアクセサリーを用いることで、再び利用することが可能になると考えられます。ただし、上記の図を確認する限り、「MagSafe」のアクセサリーを「USB-C」のポートに差し込んでしまうと、並んで配置してある2つ目のポートは同時に使えないもしくは、「アダプター」が必要になりそうです。

「MagSafe」の最大の利点は、「落下防止」にあります。万が一、充電ケーブルに足をひっかけたり、何かでひっかけたりしたとしても、「MagSafe」がはずれてくれるため、MacBook本体が充電ケーブルに引っ張られて一緒に落ちる心配はありませんでした。

だからこそ、「MagSafe」に何度も救われているユーザーも多くいると思われます。だからこそ、「MagSafe」に慣れているユーザーは、現行の「USB-C」の充電コードは多少怖いと思います。

 

最後に

いくら電池持ちが改善したからとはいえ、やはり1日に最低でも1度は充電が必要です。だからこそ、今回のアクセサリーが発売されたら、「MagSafe」に慣れ親しんでいるユーザーにとっては嬉しいですよね。

ただ、個人的なことを言えば、MacBookもいずれは「ワイヤレス充電」に対応してほしいと思います。従来の「ワイヤレス充電」は置き型ですが、無線で充電を行うための特許も見つかっています。詳細は、「Apple次期「iPhone」に最新のワイヤレス充電技術を搭載か!?」をご参照ください。この特許はiPhoneに関連したものですが、いずれはMacBookにも応用がきくと思います。

 

スポンサードリンク



 

LINEでの通知も始めました。よければお友達登録して下さい。
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧