次期「iPhone8」の設計図がリークか!?

様々な情報がリークしている次期「iPhone8」ですが、複数のプロトタイプの情報が入り混じっているのもあり、情報が錯綜しています。今回、手書きではありますが、「設計図」がリークしたのでまとめたいと思います。複数のプロトタイプの情報については、「[悲報」iPhone8の今までのリーク情報はプロトタイプの1つに過ぎない!」をご参照下さい。

スポンサードリンク



 

「iPhone8」の設計図がリークか!?

 

BGRによると、今回、Foxconnの労働者であり、実際に次期「iPhone8」の設計図をみた匿名のリーカーが、手書きではあるが、Weiboに情報をリークしていることが判明したことを報告しています。多少手書きであるため、見辛い面もあると思いますが、上記の写真は、正面を書いたものだと考えられます。

上部には、「インカメラ」と「3Dセンサー」が配置されています。開口部が大きいほうが「3Dセンサー」であり、実際の実機では、「3Dセンサー」は内部に搭載されているため、設計図のように、ユーザーの目に触れることはないそうです。

 

 

次に、背面部分の設計図になります。だいぶ前に一度情報として出てきましたが、ここ最近追加の情報がなかったのですが、背面のカメラの配置が「垂直型」に変更されています。現時点では、カメラを「垂直型」に配置することで、どのようなメリットがあるのかは判然としません。

また、このカメラには「AR」機能と、「3Dカメラ」機能が統合されているようです。詳細は「iPhone8は画期的なフロントカメラを搭載か!?」をご参照下さい。

 

 

次に、本体下部の正面を書いた設計図だと思われます。事前情報通り、大幅なベゼルレスデザインを採用し、物理的「ホームボタン」も廃止されており、「液晶内」に統合されていると考えられます。

また、非常にわかりにくいですが、充電規格が従来の「lightening」が引き続き採用されており、「USB-C」はまだ採用されないそうです。本体の材質が「ガラス」に変更されるため、従来の樹脂による「Dライン」は、やはり廃止されるとされています。

「ホームボタン」以外の物理ボタンは特に変更がないそうですが、なぜか、「電源ボタン」だけ大きくなっているそうです。

 

最後に

今回、設計図と思われるのがリークしたのは初めてではないでしょうか。今まで様々なコンセプト画像が公開されてきましたが、あくまでもそれは、リークした情報をもとに想像したものにすぎません。だからといって今回の設計図が、「確定版」なのか、「プロトタイプ」なのかも判然としません。続報に期待したいところです。

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧